ここから本文です

【J1採点&寸評】札幌 0-2 横浜|齋藤学の突破力、中澤佑二の老練さが際立つ。札幌はエースの退場が響く

8/10(木) 7:39配信

SOCCER DIGEST Web

札幌――チャナティップは定位置を確保したと言っていい。

[J1リーグ21節]札幌 0-2 横浜/8月9日/札幌ド
 
【チーム採点・寸評】
札幌 5.5
今季リーグ戦ではここまでアウェーでは未勝利だが、ホームではしっかりと力を出せていた。しかし、今節はセットプレーからの失点と都倉の退場による数的不利があまりにも大きく響いてしまった。
 
【札幌|採点・寸評】
GK
25 ク・ソンユン 5
前節は出場停止。復帰戦となったこの試合では、試合勘に問題があったのか、あまりにも痛い失点の仕方だった。
DF
15 菊地直哉  6
読みの鋭い守備を見せつつも、後方からのパス出し役としても存在感を発揮した。能力の高さ見せた。
 
4 河合竜二 5.5(72分OUT)
古巣が相手とあってモチベーションは最高潮。スピード不足も感じたが、肝心なところではさすがの狡猾で気の利いた守備を披露
 
24 福森晃斗 6
この日はキックの精度が若干もの足りなかったが、そのぶん、出足の速い守備でしっかりと仕事をこなしていた。
 
MF
23 マセード 5.5
積極的な仕掛けは見せるものの、この日はクロスがいまひとつ。また、相手の山中を止めきれなかった。
 
27 荒野拓馬 6
オン・ザ・ボールではあまり見せ場はなかったが、ピッチ狭しと走り回る姿は周囲に力を与えていたはず。
 
6 兵藤慎剛 6(87分OUT)
古巣相手の2度目の対戦。前回対戦のリベンジを果たすべく、高い意欲でボールを追いかけ続けた。
 
18 チャナティップ 6
3戦連続で先発出場。もはや定位置を確保したと言っていい。高い位置からの仕掛けなど、積極性を示していた。
 
 38 菅 大輝 5
前節に続いての得点も期待されたが、この日はイージーなミスパスなど、なかなかリズムに乗り切れなかった。

札幌――高さで崩すのか、地上から崩すのかがはっきりせず。

FW
9 都倉 賢 4.5  
奮闘を見せていただけに、後半途中に退場となってしまったのはあまりにもいただけない。重いファウルを軽率にやってしまった。
 
11 ヘイス 5.5(82分OUT)
前節までよりも調子は上向いた印象だが、実力を考えれば若干、物足りないパフォーマンスだった。
 
交代出場
FW
48 ジェイ 5(72分IN)
パワープレーを求められたはずだが、出場直後に数的不利となってしまい、役割が不明確になってしまった。
 
FW
13 内村圭宏 -(82分IN)
裏に抜け出して何度も相手を牽制していたが、なかなか崩しきることができずに終わってしまった。 
 
MF
44 小野伸二 -(87分IN) 
イージーなミスがあったことに加え、役割もいまいちハッキリとしない投入だった感も否めない。
 
監督
四方田修平 5
都倉の退場は痛恨だったが、高さで勝負するのか、地上で崩すのかがハッキリとしない采配だった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

1/3ページ

最終更新:8/10(木) 7:40
SOCCER DIGEST Web