ここから本文です

実力派女優・黒川芽以が「30歳になった今だからこそ語れる」はじめてのエッセー連載開始--撮り下ろしデジタル写真集のメイキングも!

8/10(木) 21:00配信

週プレNEWS

『週刊プレイボーイ』が15歳の頃から撮り続けてきた、実力派女優の黒川芽以さん。今年、30歳を迎えたメモリアルイヤーに、週プレと彼女とのコラボ連載「女優・黒川芽以の30×30」が明日金曜17時より配信スタート!

【画像】30歳を迎えた女優・黒川芽以

“黒川芽以と東京の夜”をテーマに、カメラマン・熊谷貫氏がデジタル写真集を撮影。そのメイキングとともに、芸歴24年&女優歴20年の彼女による貴重なエッセイをお届けしていくスペシャル企画となる。

そこで、毎週金曜の更新となる新連載の第1回を控え、まずは彼女を直撃。期待や意気込みについて3回にわたって直前インタビューをお送りする。6歳の頃から芸能界で生き続ける女優・黒川芽以が、30歳を迎えて伝えたいものとは--。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一)

*  *  *

―10代の頃に主演した映画『問題のない私たち』(2004年公開)でインタビューさせてもらったことがあって、まさか30代となるタイミングでまたお話させていただけるとは!

黒川 わぁ、懐かしい! そこから10年以上は経ちましたね(笑)。今回こういった企画をやらせていただけて、ほんとにありがたいです。昔からお世話になっている方々と、30歳になって一緒にクリエイティブなことをできるのがすごく嬉しくて!

―カメラマンの熊谷貫さんもその当時、立て続けに2冊の写真集を撮っているんですよね。ご縁が続いているわけですけど、撮影は順調?

黒川 はい、楽しみながらやってます(笑)。「いい撮影場所あったら教えてください」とか「衣装こんな感じでどうですか?」とか、みんなで意見を出し合いながらやってるんですよ。役割はそれぞれ違いますけど、同じ土俵に立って作れてる感じがすごく楽しくて。ちょっとした取材で写真を撮るのとはわけが違うというか、みんなでひとつの作品を作っている最中なんだという感覚で連載をやらせてもらってます。

―写真とともに、この連載では今、黒川さんの伝えたいことや女優人生を振り返って思うことをエッセイとして綴られるという。これまでになかっただけに楽しみな部分では?

黒川 そうですね。映画の公開に合わせたインタビューはあっても、作品を通して語ることが多いので。自分の仕事に対する価値観とかプライベートなことを発言する場所はなかったんですよね。

この連載を楽しんでもらうために自分は何ができるんだろうって考えた時、やっぱり6歳の頃から24年間、役者しかやってきてないから他に何もないんですよ。仕事での出来事とか思ったことを中心にまとめていきたいので、それに共感してくれてもいいし、違うなぁって思ってくれてもいいし。いろいろな切り口で楽しんでもらえればいいかなと思ってます。

―なかなか語れる場はないですよね。ブログもあまり更新してないですし(笑)。

黒川 ブログは年に2回、年末年始くらいかな(笑)。あえて更新してないっていうのもあります。あまりプライベートな部分を明かしすぎると、そのイメージで見えちゃうのがイヤで。役者だから、いろんな役をやっていろんな人として見られたいのに、「この人はこういう人だ」ってひとつのイメージになりすぎるのは面白くないのかなと。

―ブログにプライベートなことを載せたい気持ちはあるの?

黒川 ありますよ。私服を載せたいけど、載せたくないって思いもあって(笑)。でも、この連載の撮影では、今のところ私服でやらせてもらっていて。この町ならこんな感じがいいかなって考えながら選んでます。自分のことを自由に語れる場ができたので、少しぶっちゃけたことを話せればと思ってるんですよね。


―そして連載第1回目のテーマがね。このはじまり方にはちょっと驚きました。

黒川 すごいタイトルですよね(笑)。

―それがなんなのかは連載第1回を読者には楽しみにしてもらうとして…。これも30歳になった今だからこそ語れることですよね。

黒川 はい、30歳の今だからこそですね。20代だとちょっと違和感あるし、あまりにも悩んでる途中だったら言えないと思うし。そういう仕事の裏側って隠す部分というか、細かいことって知られてないじゃないですか。このエッセイは芸能界に興味ある人も見ていただけるし、娘に役者をやらせたいと思ってるお母さんが見ても面白いかなと思っていて。

―WEB連載だと、いろいろな人が見ますから。

黒川 そうですね。私は役者として大成功してるわけではないですけど、細く長くずっと続けているので。途中で諦めて辞めていくコも見てれば、どんどん売れていくコも見てきてる。そんな中で生きてきた気持ちは他の職業に共通することもあるだろうし、役者にしかないこともあると思うんですよ。そのうち、30歳の節目としての考えとかも語っていきたいなぁと思ってます。

―では、まず連載スタートの意気込みを!

黒川 若い頃から私を知ってくださってる方にも、「この人、誰?」って思ってる方にも、私にしかできない切り口で何かを伝えていければと思ってます。とりあえず1回見てみてください!……って感じですかね(笑)。

―ブログは更新してないけど、そちらでも告知くらいはお願いしますね(笑)。

黒川 あ、更新しないとですね(笑)。Twitterとインスタはやってるんですよ。長めに書きたい時だけブログにしてたら、年に2回くらいになっちゃいました。でも逆に、ブログをあまりやっていなかったからこそ、この企画は意味があるなぁと思ってるんです。普段からマメに書いてると一緒になっちゃうので、なかなか見せないことを出していけるのかなと。

―いや、ブログは書かなくてもいいけど連載の告知を……。

黒川 ちゃんとしますよ~(笑)。やっぱり作ったからには見てほしいので! これを読んでどう思うかなとか、昼間とか夜とか物思いにふけるような感じでふわっと見てもらえたらなぁと思います。私に興味があってもなくても、役者のお仕事に興味がある人とかいろんな人に見てもらいたいです!

●毎週金曜配信予定の連載「女優・黒川芽以の30×30」は8月11日スタート! このインタビューの続き、第2回は8月17日木曜に配信予定!

(撮影/熊谷貫)

■黒川芽以(くろかわ めい)
1987年5月13日生まれ。東京都出身。1993年『揖保の糸』CMでデビュー。1997年に10歳でNHKドラマ『鏡は眠らない』に出演して以降、映画やドラマ・舞台と数々の作品に出演。これまでの出演本数は100作以上。現在も、女優として活躍中。
公式ブログ Twitter【@mei_kurokawasan】

最終更新:8/12(土) 21:59
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.49
11月20日(月)発売

定価400円(税込)

日本に必要なのはハリルじゃない!/プロ野
球トライアウト「まだポンコツじゃない!/
アメリカ兵器ベストバイ【グラビア】大原優
乃/堀未央奈/加藤ナナ/松川菜々花 他