ここから本文です

転職先が小さい会社ならば悪目立ちは禁物だ

8/10(木) 6:00配信

東洋経済オンライン

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

初めまして。2年前に転職した今年32歳の女性です。前職はガテン業種の総合職でしたが、現場管理として心を消耗する業務や全国転勤に不安を感じて、小さな組織、事務的な異業種ですが、スキルアップできそうな現在の会社に一般職として転職しました。
残念ながら総合職採用ではなかったので、学歴や職歴的に即戦力としての活躍は無理だと理解しています。また制度的には一般職から総合職への転換は前例もあり、入社後から現在も総合職へ転換の意志は強くあります。

さらに給与は半減したものの、探求のしがい? のある業種で、前職にはないやりがいを感じていて、今後もこの業界で頑張っていきたいと思っています。ただ、前職は私が新卒採用で入社して大目に見てもらっていたせいなのか、社風の違いなのか、大目に見てもらえた部分も、現職の部内では少し浮いた存在になっている気がします。
総合職でも一般職でも会社を思う気持ちは変わらないですし、どちらにしても責任は部門長以外には取れませんので、部門長に了承を得て、自分が達成したい目標のために邁進するべしと思い、2年間働いていました。

直接迷惑をかけない、同じ部署だけどラインが異なる人の目線は気にしなくていいのかなという思いでしたが、入社3年目の今、なんとなく冷ややかな雰囲気を感じるため、自分の職場への姿勢が不安になり、相談させていただきました。
組織に生きる者として、このまま部長以上とのコミュニケーションを大切にしてよいか、3年目一般職として、今後の管理職候補になる実務担当者に配慮すべきか、迷っています。ロジカルな回答をお願いできませんでしょうか。

事務 M

■小さな組織では、人間関係を築くことが大切

 やりがいのある仕事をされているとのことで、非常に喜ばしいですね。さて、Mさんが現在お勤めなのは小さな組織とのことなので、なおさら、ご自身にとって仕事がしやすい人間関係を築くことが大切です。

 Mさんは周囲から「冷ややかな視線を感じる」とのことなので、ご自身が考えている以上に周りの視線や意見を気にされる方なのかと思われるので、できるかぎり多くの同僚と良好な人間関係を築くことが大切です。

1/3ページ