ここから本文です

「本田圭佑加入で完全に崩壊した」。開幕3連敗パチューカを現地メディアが分析

8/10(木) 18:14配信

フットボールチャンネル

 メキシコ1部のパチューカは、開幕3連敗スタートとなった。この悲惨なスタートにMF本田圭佑が関係しているという見方がある。メキシコ『アス』のコラムニストが指摘した。

【動画】本田圭佑、実は試合に出ていた?仰天の真実が明かされる

 フリートランスファーでパチューカに加入した本田は、ふくらはぎの問題などで出遅れており、まだ公式戦に出場していない。そのため、もちろんプレーの面で直接チームに影響を与えていることはできていないが、同紙は「本田の加入でパチューカは完全に崩壊した」としている。

 問題として指摘しているのは、本田の年俸だ。日本代表MFはパチューカと年俸400万ドル(約4億5000万円)の1年契約を交わしたと言われている。これはクラブの最高年俸だ。

 パチューカは伝統的に低いサラリーキャップを設定しており、この特別待遇に何人かの選手は大きな不満があるという。それがロッカールームの雰囲気に影響し、試合のパフォーマンスに問題が発生しているという分析だ。

 まだコンディションが十分ではない様子の本田は、高額年俸にふさわしい選手かどうかを見せることができていない。プレーでこういった声に反論できるだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)