ここから本文です

【家族のレシピ】全国の働くお母さんの救世主『るすめしレシピ』が料理レシピ本大賞一次選考を通過!

8/10(木) 11:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 分かりやすく作りやすく、日本の食文化や食育にも貢献、何より美味しそうでお客様にも薦めたくなる……そんな優秀レシピ本のNo.1を書店員さん&料理専門家の厳しい目線で選ぶ「料理レシピ本大賞」。今年で4回目を迎える大賞発表の9月を控え、このたび一次選考通過の料理部門31作品、お菓子部門7作品が出そろったという。糖質オフやダイエット系、身体にやさしい系、お手軽調理系、お料理基本系、そして作り置き系とさまざまに、どれも思わず「あーそれ、知りたい!」と思わせるタイムリーなタイトルがズラリ。はやくも熱戦の気配だ。

 そんな中、当ダ・ヴィンチニュースでも実際に作って試した『るすめしレシピ』(上田淳子/自由国民社)が一次選考を突破。「るすめし」とは、ズバリ留守番する家族用のレシピのことで、双子の息子をもつ働く母である料理研究家の著者が、「小さな子どもでもひとりで食べられるおいしいご飯を用意しておきたい」との思いで編み出したものだ。留守番する人のできる範囲を段階的に紹介、「冷蔵庫からそのまま取り出すだけ」「電子レンジでチン」「鍋ごとあたためればOK」など食べる人の手間は最小限におさえ、ひとりでもニコニコ楽しく食べられるものばかり。なんだか「がんばって! ママもがんばるね!」と子どもを励ます母の愛がつまっているようで、レシピを読みながらほっこりさせられる。ちなみに準備は、週末と平日の夜&朝を上手に利用すればOKと、作る側の負担も重すぎないバランスのよさもポイントだ。

 本の中には、ぶりや鮭など季節感のある食材もあるが、鶏肉や豚肉など定番食材がメイン。なかには夏にぴったりのレシピもあるので、一次選考通過記念にちょっと紹介しよう!

1.にんじん1本をせん切りに、小松菜1/2束は約4cmに切る。
2.鍋に水1.5リットルと塩、ごま油各大さじ1.5を入れて火にかけ、沸騰したら中火にして、もやし(1袋)→にんじん→小松菜の順に各30秒ゆで、皿に広げる。
3.同じ鍋で牛こま切れ肉(250g)をさっとゆで、ザルで水けをきって、広げて冷ます。ボウルに白すりごま(大さじ4)、ごま油(大さじ3)、すりおろしにんにく(小さじ1/2)、塩・こしょう(各適量)を混ぜ、野菜と牛肉を入れてあえる。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダ・ヴィンチ

株式会社KADOKAWA

2017年11月号
10月6日発売

特別定価​690円(税込)

【表紙】乃木坂46
祝!2期スタート 『おそ松さん』特集&だからアニメはやめられない!
「6つ子」描き下ろしトビライラスト
『おそ松さん』豪華キャストによる、特別鼎談!!