ここから本文です

頻発する家庭内殺人「子どもに殺される前に子どもを殺して」と願う親たち

8/10(木) 6:10配信

デイリー新潮

 殺人事件摘発件数のうち、55%が親族間で起こっていることをご存じだろうか。警察庁のまとめによると、親族間で起きた暴行事件容疑の摘発件数はこの10年で4倍近く、傷害容疑は2倍近くになったという。

 例えば、26歳の男性が神戸市北区で祖父母と母親、近所の女性2人をバットや包丁で襲った事件。滋賀県近江八幡市で起こった、精神疾患を患っていた33歳の娘を監禁し死亡させた疑いで父母が逮捕された事件。福岡県須恵町で、41歳の母親が4人の子どもに手をかけた事件(※心神喪失を理由に不起訴)など、確かに家族間での殺人、暴力事件は後を絶たない。そうした家族間の事件の原因として、精神疾患など障害や、長期にわたるひきこもりがあげられるケースも多い。

 大阪大准教授の蔭山正子氏は、読売新聞(4月20日朝刊)で精神疾患が原因となった家庭内事件についてコメントし、「早期の対処や治療が大切だが、精神障害者は家にひきこもることが多く、自分からは出向けない。精神障害者の4分の3が治療につながっていないとの指摘もあるほどだ」と解説している。つまり、家族や周囲の人々が積極的に声を上げない限り、その存在すらも明るみに出ないことがほとんど、というのが現状なのである。

子供を殺してくれませんか

 このように、本人や周囲に病気であるという認識が乏しく、医療につながれていないことも多い精神病患者。その問題にいち早く相対してきたのが、株式会社トキワ精神保健事務所の押川剛氏である。押川氏は精神障害者移送サービスという、強制拘束を否定し対話と説得によって患者を医療につなげるスタイルを確立し、これまでに千人を超える患者と向き合ってきた。著作「『子どもを殺してください』という親たち」で、精神障害者と家族の関わり方について、このように述べている(以下「 」同書より抜粋、引用)。

 ***

「『子供を殺してくれませんか』

 これは子どもの暴力や暴言に悩んだあげく、私のところへ相談に来た親たちの言葉です。そんな馬鹿な、と思われる方もいるかもしれませんが、真実です。他にも『子供が死んでくれたら』『事故にでも遭ってくれたら』『もう自分たちが子供を殺すしかない』などという訴えも聞きます」

 衝撃的な言葉の数々だが、どれも押川氏が実際に耳にした言葉だ。切実な家族の叫びに聞こえるが、その家族にこそ、やるべきことがあると押川氏は訴える。

「私が一番に申し上げたいのは、『家族も治療者の一人であるという自覚を持つ』ということです。家族の決断や支えなくし、患者の回復はありません。

 子供の問題行動に悩まされ、『親子の縁を切る』と言葉にするのは簡単ですが、今までと同じ生活を続けながらそれを行う手立てはありません。

 家族である以上、この問題からは容易に逃れることはできません。何も見ないふりをして、ずるずると先延ばしにするか、黙って耐えるか、あるいは正面切って向き合うか。決断するのもまた、家族でしかないのです」

1/2ページ

最終更新:8/10(木) 12:23
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。