ここから本文です

横山剣 『タイガー&ドラゴン』生んだマスタングGT

8/11(金) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 「俺の話を聞け!」という強烈なフレーズが耳に残るクレイジーケンバンドの名曲『タイガー&ドラゴン』。この楽曲を元に同名のドラマが制作されたことはあまりに有名だ。そんな人気バンドが2017年、結成20周年を迎える。

 ロックやファンク、ヒップホップ、歌謡曲、ラテン音楽などをごちゃ混ぜにした独特のサウンドと港町横浜の異国情緒漂う歌詞の世界を描くのは、バンドのリーダーでフロントマンの横山剣その人。粋でおしゃれなビジュアルと、「いいね!」の決め台詞(ぜりふ)が似合うダンディーは、1950年代の英国製クラシックカー「オースチンヒーレー」を愛蔵していたり、「BMW2002tii」をレーシング仕様にカスタマイズして自らレースに出たりと、根っからの自動車愛好家としても知られている。


 今回は、現在所有する愛車の中で、2016年末に入手して、普段乗り用に使っているという「クライスラー SRT8」について語ってくれたが、選んだ理由は意外なものだった。



 2016年のクリスマスころに、それまで乗っていたキャデラックをメンテナンスに出そうと、なじみのディーラーに持っていたんですよ。そうしたら、そこで出合ってしまったんです、この「クライスラー SRT8」(以下、SRT8)に。

 もともと好きな車種ではあったんですが、これまではついつい目移りして他の車を買っていた(笑)。でもそのときは、店頭で見てすぐに「これ、試乗させてほしい」と言いました。キャデラックも良かったんですが、左ハンドルしかない。僕は18歳で免許を取ってから、ずっと自分で日常的に運転するから、やっぱり雰囲気だけじゃなく使い勝手も気になります。昔はアメ車(アメリカ車)も結構右ハンドルを作っていたんですが、最近は数も少なくなって。クライスラーは珍しく右ハンドル車を用意しているメーカーなんですよ。

 はなから好きな車なので、ほぼ即決でしたね。色はアイボリーが好きなんだけど、選択の余地があまりなくて。3つくらいある中から黒を選びました。今持ってる車もバイクも黒だから、統一しちゃおうかなと。汚れや傷が目立つんですけど、いつの間にかガレージは黒だらけです(笑)。

 SRT8はぶつかりそうになるとブザーで知らせてくれるのでバックも楽ですし、ストレスなく運転してますね。前の車もバックモニターは付いてたんですが、若干、後方視界が悪かった。それに比べるとアメ車の中では中くらいの大きさなので、街中でも駐車しやすいですね。

1/4ページ

最終更新:8/11(金) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。