ここから本文です

楽天・釜田佳直投手「夏のジンクスを自分たちの代で打ち破ってやろうと」/夏の甲子園

8/11(金) 11:50配信

週刊ベースボールONLINE

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「夏の甲子園」です。

楽天・釜田佳直投手

 甲子園に行く前から、2勝することが最初の目標だったんですよ。金沢高は創部以来、夏の甲子園で2勝したことがなかったんです。出場は13度目だったんですけどね。センバツでは2勝したこともあるんですけど、夏はジンクスというか、どうしても2勝できないっていうのを、自分たちの代で打ち破ってやろうという感じで乗り込みました。

 だから、やっぱり一番印象に残ってるのは2勝目になった2回戦です。しかも相手が聖光学院高で、歳内との投げ合いでしたからね。スコアは4対2で、紙一重の勝負でしたけど、あそこで勝てたことはいい思い出になっています。ただ3回戦で負けてしまったので、悔しさも残る大会でしたね。

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

大谷翔平は成功する?日本人メジャー特集
[CLOSE UP]二刀流を成し遂げる方法
[MLBインタビュー]前田健太