ここから本文です

BOSEの360度スピーカー 1カ月で手放せなくなった

8/11(金) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 「音楽を聴くのは通勤中か車の中だけ」という女性が、BOSEのBluetoothスピーカー「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」を使ってみた。すると再び自宅で音楽を聴くようになったという。360度スピーカーの何が魅力だったのか。

■見た目はすてき。でも本当に使うのか

 今回使ったのは、BOSEが4月28日に発売した「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」。スマートフォン(スマホ)やパソコンとBluetoothでつながる小型のスピーカーだ。円筒形のボディーには、向かい合わせに配置された2基のパッシブラジエーターと下向きにセットされたトランスデューサー、音響デフレクターなどが入っていて、周囲360度に音が広がるという。実売価格は2万5000円だ。

 見た目は「いかにもスピーカー」という主張がなくてすてき。特にシルバーは明るい色なので、リビングやテーブルの花瓶の隣などに置いても邪魔にならなさそうだ。久しぶりに「欲しいかも!」と思った。

 ただ、問題は本当に使うのかどうか。というのも、筆者は最近、すっかり音楽を聴かなくなってしまった。こういうと正確でないかもしれない。通勤中は電車で聴くし、車の運転中も聴く。好きなアーティストは何人かいて、ライブには年間4、5回は足を運ぶ。要は、自宅で音楽を聴かなくなったのだ。これで音楽、聴くだろうか?

■自宅になかった「今どきの音楽環境」

 そもそも、どうして自宅で音楽を聴かなくなってしまったのか――改めて考えてみると、「今どき」の聴取環境に、自宅だけが取り残されているからだと気づいた。

 もともと「音楽好き」というほどではないけれど、スマホには十代で聴き始めたものも含めて数百曲が入っている。今となっては音源はこれがメイン。通勤中はワイヤレスイヤホン、車の中はFMトランスミッター(筆者の車は古いので、スマホからカーオーディオに直接出す端子はないのです)を使って聴いている。

 じゃあ自宅はどうかというと、あるのは十代のときに奮発して買ったコンポだけ。この数年はコンセントを抜いたままだ。以前はパソコンで作業しながらヘッドホンで聴くこともあったけれど、ちょっとした調べものやメールのやりとりがスマホで済むようになって、家でパソコンの前に座ること自体が減ってしまった。4000円くらいで買ったBluetoothスピーカーもあるけれど、音がチャカチャカしていてあまり好きじゃない。どうしても聴きたいときは、リビングのレコーダーでライブDVDを再生しているくらいだ。

1/3ページ

最終更新:8/11(金) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。