ここから本文です

新大臣たちの爆弾 齋藤健、林芳正、中川雅治、松山政司

8/11(金) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 8月3日に発足した安倍改造内閣。野党、メディアがターゲットにする可能性がある新大臣たちの“爆弾”を紹介する。

【農林水産大臣】齋藤健(58) 衆3 千葉7区 石破派
 反主流派の石破氏の側近。当選3回で同期の小泉進次郎・筆頭副幹事長と農協改革に取り組み、石破派から“一本釣り”で大抜擢された。党内で安倍倒閣運動が始まったとき、どう動くかが注目される。

【文部科学大臣】林芳正(56) 参4 山口 岸田派
 岸田派のホープ。安倍退陣後の衆院への鞍替えが悲願で、地元・下関では首相と勢力争いを展開中。2004年、秘書が林氏を乗せて運転中に当て逃げ事件を起こした。さらに被害者への恫喝・暴行で書類送検され、林氏も批判された。

【環境大臣】中川雅治(70) 参4 東京 岸田派
 2015年、公式ホームページに〈同級生を脱がして、皆でお腹やおちんちんに赤いマジックで落書きしたりしました。回りはこれをいじめだと思っていませんでした〉との回想を掲載。批判が殺到し、すぐ削除する騒動に。

【一億総活躍大臣】松山政司(58) 参3 福岡 岸田派
 反安倍陣営の重鎮、古賀誠・岸田派名誉会長の側近。2006年に親族の建設会社が、数々の汚職事件で政界の裏金作りを担っていた水谷建設から1億5000万円の巨額融資を受けていたことが問題視された。

●(読み方)数字は当選回数、選挙区と派閥

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

Yahoo!ニュースからのお知らせ