ここから本文です

在京当番という政府の危機管理 --- 小林 史明

8/11(金) 7:02配信

アゴラ

総務大臣政務官に就任後すぐに、政務官として確認しておくべき重要事項のレクチャーが早速スタートしました。

これまでとは1日の動きが変わってくるのですが、その中でも特徴的なものは『在京当番』があるということです。

各省庁の大臣・副大臣・政務官の政務三役で誰か一人は必ず都内23区にいなければならないという取り決めがあります。(平日・休日問わず)

これを「在京当番」といい、政府の危機管理として 非常時の緊急参集にも対応できるようにしているのです。

そのため、これまで毎週末福山に戻ることができていましたが、今後は最低でも月に1回は地元に戻ることなく都内で在京当番をつとめることになります。

総務省は消防、通信、サイバーセキュリティなど緊急時の対応が重要となる分野を司っていますので、緊張感を持ってつとめていきたいと思います。


編集部より:この記事は、総務政務官・衆議院議員、小林史明氏(自由民主党、広島7区選出)のオフィシャルブログ 2017年8月9日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は小林ふみあきオフィシャルブログ(http://fumiaki-kobayashi.jp/blog/)をご覧ください。

小林 史明

最終更新:8/11(金) 7:02
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム