ここから本文です

来年のMETガラのテーマは”ファッションと宗教“になるとの噂

8/11(金) 18:30配信

ハーパーズ バザー・オンライン

2018年のMETガラのテーマが明らかになった。WWDによると、展覧会は“ファッションと宗教”にフォーカスしたものになりそうだという。
Metはまだこの噂を正式に認めてはいないが、WWDは準備段階のディカッションに内々に関与している人も含めMETに近い複数の情報源がこのニュースを明かしたとレポートしている。

【関連記事】人生最高の晴れ舞台! あのセレブのMETガラ デビュールックは?

展覧会のプランニングはまだ初期段階だが、この“シリアスで野心的な”プロジェクトはだいぶ前から考えられていたものだと、情報源は語っている。
ドルチェ&ガッバーナやクリストファー・ケイン、ジェレミー・スコット、ジャン・ポール・ゴルチエはじめ数多くのデザイナーが作品の中で宗教を参照してきたことから、かなり興味深い展覧会になりそう。しかし、このテーマの本質を考えると、ガラでのセレブリティたちの装いは物議を醸すものにもなりそうだ。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年9月号
2017年7月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。