ここから本文です

【世界陸上】サニブラウン、大一番で故障のなぜ 専門家が指摘する「体力」ではない「技術力」

8/11(金) 11:11配信

THE ANSWER

200m決勝、右太もも裏の痛みで失速…専門家が分析する“本当の課題”「体力よりも技術力にある」

 陸上の世界選手権(ロンドン)は10日、男子200メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が20秒63(向かい風0.1メートル)で7位。史上最年少でファイナリストとなった18歳は、右太もも裏の痛みで後半失速したことが響き、メダル獲得はならなかった。なぜ、大一番で怪物の肉体に異変が生じたのか――。その理由について、専門家は「体力よりも技術力にある」と分析した。

【動画】「カモン、ハキーム!」と絶叫…IAAFが公式ツイッターで紹介した母・明子さんの興奮の観戦の様子&直撃インタビュー

「コーナー出口まではいいところに付けていて、そのまま粘っていれば、上位もあったと思います。ただ、直線に入る時に歯を食いしばって力んでから、走りが厳しい状態になってしまいました」

 こう話したのは、スプリント指導のプロ組織「0.01」を主催する200メートル障害日本最高記録保持者の秋本真吾氏だ。サニブラウンは今大会、100メートルを含め、5本目のレース。18歳にとって、世界のトップ選手との争いは厳しいもの。しかし、同氏は故障の原因について走りのフォームにあると分析する。

「足を振り出してムチみたいに振り出して接地し、引っ張り込むという傾向が見られた。特に左足です。本来は膝下を真っ直ぐに接地することが理想ですが、彼の場合は(横から見た時に)体が『く』の字にみたいになっている。そうなると、ハムストリングス(太もも裏)の故障は起きやすくなります」

 こう解説した秋本氏。サニブラウンにとって良き手本は同じレースに出ていたという。ウェイド・バンニーキルク(南アフリカ)だ。400メートル金メダルに続き、銀メダルを獲得した。

「彼の走りは膝下を真っ直ぐにして理想的な走りができていて、走りの効率性が高くお手本のような走り。それはウサイン・ボルト選手にも共通するもので、だから、200メートルでも400メートルでも強さを発揮できる。逆にサニブラウン選手は100メートルに続き、200メートル決勝と負荷の高い状態で何本も走ると、走りの非効率性から影響が出やすい印象です」

 一般的には体力面に課題があったのかと思いがちだが、一番の原因は技術力にあったとみている。「0.01」で現役Jリーガーのスプリント指導を手掛ける同氏は、実例をもとに話す。

1/3ページ

最終更新:8/11(金) 11:42
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。