ここから本文です

「一人ラーメンデビュー」を目指す女性のためのお店選びのポイント

8/11(金) 11:30配信

@DIME

最近では、女性もラーメンやステーキなどを積極的に楽しむようになってきた。しかし、ラーメン屋というと、やはり女性が一人で入るにはちょっとばかり勇気がいる。昔と比べれば随分敷居が下がった気がするが、初めての店ならためらうこともあるだろう。

【写真】「一人ラーメンデビュー」を目指す女性のためのお店選びのポイント

そこでラーメン店を利用するときの注意点や確認ポイントを、ラーメン女子博プロデューサーの森本聡子さんに聞いた。

■女性が初めてラーメン屋に入るときの確認ポイント3つ

ラーメンは好きだけれど、まだ一人でラーメン屋に入れない。そんな女性も、入りやすいラーメン屋はあるという。それを見極めるためには、どんなことを確認すればいいだろうか。森本さんは次の3つを挙げる。

1.SNS検索で口コミを下調べする!

「SNSで女性が絶賛しているお店を見つけましょう。特にインスタグラムがオススメです。ぜひラーメン女史 『#森本聡子イチオシ』で検索を。美味しくて接客の良いラーメン店を多数アップしていますよ」

2.女性店主、夫婦経営のお店を狙う!

「店員さんが男性だと抵抗があるなら、女性店主のところを選んでみては? 奥さんも店頭に立っている夫婦経営のお店も狙い目です」

3.紙エプロンや髪ゴムなどアメニティーが豊富なお店を狙う!

「女性にとって服にラーメンの汁が飛んだり、すするときに髪が邪魔になったりするのは困りもの。それらを配慮し、紙エプロンや髪ゴムなどの女性に嬉しいアメニティーが用意されているお店もあります。実際使うかどうかより、そのような配慮のきいたお店なら、女性が歓迎されていることが多いため、安心して利用できます」

また森本さんは、「1人が不安なら女友達を誘って、まずはみんなで行ってみるのもアリ」と付け加える。

■女性がラーメン屋デビューするときの4カ条

店が決まったら、いざ出陣! 一人ラーメン屋デビューするときの4カ条を教えてもらった。

その1.白い服で行かない
スープが飛ぶ危険あり!

その2.ヒールで行かない
すべる可能性がある。

その3.メニューに迷ったらとにかく定番から!
食券機なら左上、メニュー表なら1番最初のメニューを選ぶべし。

その4.麺のグラム数を確認せよ!
都内であれば、ラーメンは130g程度、つけ麺は200gが平均。(替玉文化の博多ラーメンは100g程度)多めなのか少なめなのか事前に確認しておくといい。大盛り無料サービスのところもあるが、調子に乗ってトライすると少食の場合食べきれない恐れがあるため要注意。

■女性一人のラーメンデビューにオススメの都内ラーメン屋4選

そこで森本さんに、女性一人でラーメンデビューするのにオススメの都内ラーメン店を4つ教えてもらった。

1.「はないち」(練馬)
女性店主でお子様にも優しいお店。

2.「自家製麺 ほうきぼし」(赤羽)
女性店主のお店。

3.「生粋 花のれん」(茗荷谷)
夫婦経営のお店。

4.「チラナイサクラ」(御徒町)
女性が浴衣で接客してくれる。

■女性客だからこそ得するサービスも!

森本さんによると、女性だからこそ受けられる嬉しいサービスを用意しているラーメン屋もあるという。こちらもチェックしておこう。

「千代田区の『黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン』というお店では、ヘルシー麺へ変更できるのですが、男性は100円のところ、女性は無料で受けられます。他にも女子大生はデザートが半額になるなど、とことん女性にやさしいサービスを提供しているお店です。

東池袋の『志奈そば田なか本店』は木曜日、秋葉原の『志奈田』では水曜日がレディースdayで、女性はデザートが無料で振舞われます」

取材協力
ラーメン女子博プロデューサー
森本聡子さん

取材・文/石原亜香利

@DIME編集部

最終更新:8/11(金) 11:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント