ここから本文です

コウチーニョがバルサ移籍をリバプールに直訴 ネイマール移籍に伴うドミノ倒し発生か

8/11(金) 21:53配信

Football ZONE web

リバプールはバルサからのオファーを二度拒否 コウチーニョが強硬手段

 ついにネイマールのパリ・サンジェルマン(PSG)移籍に伴うドミノ倒しがサッカー界で起きた。バルセロナはブラジル代表FWネイマールを2億2200万ユーロ(約290億円)の移籍金でPSGに放出したが、その売却益で獲得に動いているリバプールの非売品、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがバルサ移籍を直訴したことが発覚した。衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【写真】世界中に拡散で大反響、本人も反応! ユナイテッドMFフェライニの“顔面ヒット変顔”の瞬間

 リバプールと名将ユルゲン・クロップ監督は一貫してコウチーニョの移籍オファーに応じないと主張し続けてきたが、ブラジルの魔術師がバルサ移籍に向けて強硬手段に訴えたという。

 リバプールはすでにバルサからのオファーを二度拒否。その額は9040万ポンド(約128億円)と報じられているが、コウチーニョの関係者は移籍願望を明確にしたという。

「フェリペはこの状況を穏便に解決する方法を必死で探してきたが、実現しなかった。クラブとファンに多大な愛情を持っているが、スティーブン・ジェラードやルイス・スアレスが過去に指摘したように、リバプールは友好関係を保ったまま選手を放出することがないクラブだ」

 そうした状況を受けて、クラブ側に移籍の要望を提出したという。今季UEFAチャンピオンズリーグに復帰するリバプールにとっては必要不可欠なエースだが、心はすでにバルセロナとともにある様子だ。リバプールとクロップ監督にとって大打撃となりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/11(金) 22:06
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新