ここから本文です

4年ぶり連ドラ主演・瑛太が難事件を解決!? 脚本&監督は『モテキ』の大根仁

8/11(金) 21:51配信

週刊女性PRIME

 風変わりな探偵“ハリネズミ”とその仲間たちが、数々の難事件に挑んでいく、弘兼憲史原作の漫画を瑛太主演でドラマ化。映画『モテキ』やドラマ『まほろ駅前番外地』の大根仁監督が手がける、こだわりや今後の注目ポイントとは─。

登場人物の紹介もあります

  ◇   ◇   ◇  

瑛太、森田、深キョン、山口の絶妙な空気感

『ハロー張りネズミ』(TBS系 金曜夜10時~)は、“義理と人情とお節介”がモットー。誰も引き受けたがらない面倒な案件ほど引き受けたがる風変わりな探偵事務所で繰り広げられる物語。原作は『島耕作シリーズ』の弘兼憲史の’80年代の名作漫画。

 瑛太が、4年ぶりに連続ドラマ主演。脚本と監督は、映画『モテキ』や『バクマン。』などの大根仁が手がけている。

 制作の経緯について、韓哲プロデューサーはこう話す。

「大根さんが7~8年前から構想を練っていた作品です。扱うテーマが同じ漫画とは思えないほど多岐にわたり、飽きさせないので、連続ドラマの原作として非常に優れているということでした。

 原作に倣って今作も、初回は人情もの、次に企業と政治家が絡んだサスペンスなど毎回、違った視聴感がお楽しみいただけるものになっています」

 主人公の七瀬五郎を瑛太に指名したのは、大根監督。五郎が所属する『あかつか探偵事務所』のメンバーには、深田恭子、森田剛、山口智子がそれぞれ演じる。

「弘兼先生から“まったく新しい『ハロー張りネズミ』でかまわない”と言っていただいたこともあり、原作のビジュアルに似せることを最優先せず、現代の関係性だったらどういう組み合わせが魅力的か、役者さんの持つ雰囲気を重視してキャスティングしました」(韓P、以下同)

 瑛太が森田と初共演するなど新鮮な組み合わせの4人だが、この4人の空気感が絶妙という。

「キャストが決まってから大根さんがあて書きしていることもあり、役に入りやすかったのではと思います。個性が強く、自分のスタイルをしっかり持っている方ばかりなので撮影の空き時間は、会話は少なく、それぞれ台本を読むなど、思い思いに過ごしています。

 一見、仲が悪いように見えますが、すごく仲はいいんです。ただ、必要以上にコミュニケーションをとろうと頑張らず、適度に距離をとり、むしろ居心地よく感じていると思います。不思議な現場です。その空気感は、今作とマッチしています。

 今も昔も、自分の居場所を見つけるのは、難しいものです。五郎たちのように特殊だったり事情があったりして居場所を見つけにくい人たちが、あかつか探偵事務所に集っている感じは、あの4人だからこそ画面から伝わってくると思います」

 いい距離感の現場だが、山口を尊敬する深田が、しばしば山口の後ろをついて歩いているそう。

「山口さんが持っていた女優バッグというか、台本や水、タオルなどを入れる現場バッグを、深田さんが“素敵ですね”と言ったら、山口さんは、同じものをプレゼントされていました」

1/2ページ

最終更新:8/11(金) 21:51
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月28日号
/ 毎週火曜日発売

特別定価400円(税込)