ここから本文です

「数多くの過ちを犯したがフットボールを汚したことは…」ケネディに捧げるマラドーナの金言

8/11(金) 11:30配信

SOCCER DIGEST Web

どんな蛮行に及んでも崇拝の対象であり続け…。

≪注目コメント≫
「中国のバカ」
発言者:ケネディ(チェルシー/ブラジル国籍)

 目を疑うようなSNSへの投稿で批判を浴びたのがチェルシーの21歳。ツアー先の中国で国民を侮辱するような汚い言葉を添えて世界に発信してしまったのだ。現地のメディアや国民からバッシングされて事の重大さに気付き、同じくSNSで謝罪したが、覆水盆に返らず。クラブからイングランド帰国を命じられた。数日後、グラウンドでひとり佇む写真を投稿。その姿には哀愁すら漂っていた。

【2017年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ


≪ケネディに捧げる“金言”≫
「俺は数多くの過ちを犯したが、フットボールを汚したことはない」
発言者ディエゴ・マラドーナ(アル・フジャイラ監督/元アルゼンチン代表)

 数々の偉業を成し遂げた一方で、幾多のトラブルも犯したレジェンドによる金言。どんな蛮行に及んでも崇拝の対象であり続けたのは、ピッチで観る者を魅了し続けたから。ケネディはなにも今回の件で決してフットボールまで冒涜したわけではない。まずは自らのプレーで失った信頼を少しでも取り戻したい。

文:遠藤孝輔

※ワールドサッカーダイジェスト2017.08.17号より加筆・修正

最終更新:8/11(金) 11:30
SOCCER DIGEST Web