ここから本文です

【SBS杯】U-18日本代表のフィジカルモンスターを進化させた「チョン・テセの教え」

8/11(金) 6:22配信

SOCCER DIGEST Web

8か月に及んだ離脱期間を無駄にしなかった。

 豪傑なプレーが真骨頂だ。空中戦は高校生年代であればほぼ負け知らずで、肉弾戦では相手を次々になぎ倒していく。登録上のサイズは178センチ・73キロながら、対峙する守備者からすれば、おののいてしまうほどの迫力がある。
 
 山梨学院大附の絶対的エース・、加藤拓己(3年)。8月10日から始まったSBSカップのオープニングゲーム、日本対チリ戦で、そのパワーを存分に見せ付けた。
 
 加藤に出番が巡ってきたのは、2点ビハインドの66分。「海外の選手を吹っ飛ばしたかった」と意気込んでピッチに立つと、跳躍力とフィジカルの強さを活かしてダイナミックなプレーを連続させた。76分には左サイドをこじ開け、杉田将宏(名古屋グランパスU18/3年)のゴールをお膳立て。南米の雄を相手に敗北を喫したが、「今日はアピールの場だった」という本人の言葉通り、わずかな出場時間ながらしっかりと存在を示した。
 
 昨年までは、世代別日本代表の常連だった。だが、2月に立ち上がったU-18日本代表に加藤の名はなかった。昨年の12月初旬、左足首の内側を剥離骨折してしまったのだ。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち

 医師からは全治3か月と診断されたが、約3週間後に控えた選手権本大会のピッチにはなんとかして立ちたい。その想いから、予定より早めにギプスを外した。しかし結果的にはこれが裏目に出てしまい、復帰時期が大幅に伸びてしまう。4月27日の手術を経て、最終的に戦列に戻ったのは6月のインターハイ予選から。コンディションは万全とは言い難く、チームを夏の檜舞台に導くことはできなかった。
 
 それでも加藤は、離脱していた期間を無駄にはしなかった。以前よりもパワーアップした印象で、深めた自信と新たに得た武器は、強豪チリを相手にも十分に通じた。
 

「ここで活躍するしか、人生は変えられない」。

 学びと手応えを得たのは、8月上旬のことだ。加藤は、清水エスパルスの練習に参加した。
 
「最初は慣れなくて、3日目ぐらいからだったんですけど、カヌとマッチアップしてもやれた」と本人が語るように、身体能力に秀でたブラジル人CBとのエアバトルで堂々と渡り合う。そこで自信を手に入れるとともに、チョン・テセとの出会いにより、いくつかの学びがあったという。
 
「テセさんからアドバイスをもらいました。自分の中ではすごく大きい。どういう風にやれば身体を当てながら前に進められるのか、どういう場所で受けて、どういうところで身体を当てれば相手の懐に入れるのか。ものすごく参考になったし、自分のプレーに活かされています」
 
 チョン・テセもまた、フィジカルを前面に押し出したプレーが身上のストライカー。大先輩の助言が形となって現われたのが、前述のアシストの場面だ。
 
「いつもならひとり目を外したところでシュートを撃っていました。でも、より高い確率を求めて、もうひとつ運んだほうがコースを作れるのではないかなと感じた。そして実際に運んでみたら、左足でもシュートを撃てたけど、ディフェンダーがファーのコースを切りながら向かって来たので、横へのパスを選択したんです」
 
 以前ならひとり交わしてゴールを狙っていた場面。そこで、チョン・テセの教えだ。身体を巧みに使いながらもう1枚剥がして、前へと突き進んでいった。滅法強い空中戦に加え、地上戦でも局面を打開する術を身につけた。きわめて大きな、新しい武器と言えるだろう。
 
 怪我の影響で8か月間プレーできなかったが、パワーもバージョンもアップさせて戻ってきた。「このレベルでもゴールが決められるようにならないといけない」と語ったのは、U-18日本代表の秋葉忠宏コーチ。あとは、どれだけ得点を積み重ねられるか。清水からも求められている部分であり、正式オファーを受けるためにも、明確な結果、つまりゴールが必要だ。
 
「ここで活躍するしか、人生は変えられない」
 
 みずからの足で、未来を切り開く。
 
取材・文:松尾祐希(サッカーライター)

最終更新:8/11(金) 6:31
SOCCER DIGEST Web