ここから本文です

神経質な彼とマイペースな彼女……価値観がまったく合わない2人の日常を描く『ダーリンは無職、でも猫が好き』

8/11(金) 19:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 長らく他人だった2人が、人生をともに歩む決心をする“結婚”。それでも、別の環境で育ってきた2人が一緒になるということは、価値観が違ったり、食の好みが違ったりするのは当たり前ですよね。たしか、あの山崎まさよしさんも名曲「セロリ」で、そんなことを歌っていたような気がします。

 別の人間なのだから不一致があってもおかしくありませんが、先日発売された『ダーリンは無職、でも猫が好き』(ナギサノコニー/小学館クリエイティブ)に登場するカップルは、不一致だらけの2人。

 無料漫画アプリ「Vコミ」で連載中の同作は、作者のナギサノコニーさん(イラストレーター・32歳)と、その恋人・モリゾーさん(無職・40歳)の2人と、彼の飼う2匹の猫たちとの日常を描いたエッセイ漫画です。

 友人宅でおこなわれたホームパーティーで知り合った2人は、音楽の趣味で意気投合。後日、モリゾーさんの家に遊びに行ったコニーさんは、それから3日間、彼の家で過ごすことになります。その間、男女の営み的なこともなく平穏に過ぎました。その後、コニーさんが去ったあとに畳まれた布団を見たモリゾーさんは「ずっといればいいのに…」と思ったことがキッカケとなり、お付き合いがスタートしました。

 ちなみにコニーさんは、これまで「お金貸してって言うバンドマンとかプロミスカードを魔法のカードって言う編集者とかしか付き合ったことがないので 夫が無職とか全然いい」という男前なスタンス。愛さえあればなんとやら、ですね。

 交際開始から間もなく、コニーさんは彼と2匹の猫ちゃんが住む一軒家に住むことになり、同棲がはじまりました。ここまでは順調なすべり出しなのですが、一緒に過ごすうちに、2人の生活スタイルがことごとく合わないことが発覚するのです。

 親戚の古い空き家に住み、猫が大好きで人間ギライ。ヘビースモーカーで、猫ちゃんたちのごはん代と自分のタバコ代くらいしかお金を使わず、小さい規模で小さく暮らしている無職のモリゾーさんは、リモコン類はまっすぐ並べて置き、外出すれば猫たちのことが心配ですぐに帰宅するほどの、度を超した神経質。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい