ここから本文です

住みたい街・大宮 都心に近い一方で北関東の香りも漂う

8/12(土) 12:30配信

マネーポストWEB

 街を行く人に尋ねてみれば、きっと誰しも住んでみたい街があるはず。けれども理想と現実には、得てして大きな差があるものだ。憧れのあの街は果たして本当に素敵な街なのか? まったくノーマークだけど、実は住みやすい街は? 今回は、SUUMOが行った「住みたい街ランキング 2017」で15位にランクインした「大宮」(埼玉県さいたま市)について、ライターの金子則男氏が解説する。

 * * *
 大宮市と浦和市、さらに与野市が合併し、新たな県庁所在地「さいたま市」が誕生したのが2001年のこと。それまで埼玉県の覇権を激しく争ってきた大宮と浦和が1つの市になった今でも、浦和住民と大宮住民の間には「わが街こそ埼玉No.1」とのプライドがあるようですが、交通の便では大宮の圧勝です。

 何しろJR大宮駅にはホームが22番線まであり、通っている路線は東北・山形・秋田新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、京浜東北線、高崎線、宇都宮線、湘南新宿ライン、埼京線、川越線の計11線。さらに東武野田線、埼玉新都市交通・ニューシャトルも通っています。「大宮=都心から遠い」という印象を持っている人も多いようですが、湘南新宿ラインに乗れば、池袋まで26分、新宿まで32分、渋谷まで38分で到着します。

 付近を見渡せば、遊ぶところが多いのも大宮の魅力です。大宮駅を中心に、半径数kmの中には、鉄道博物館、さいたまスーパーアリーナ、氷川神社、大宮アルディージャの本拠地・NACK5スタジアム、花見の名所・大宮公園があり、駅前にはそごう、高島屋、マルイもあります。少し離れた荒川沿いまで足を伸ばせば広大な緑が広がり、ゴルフや草野球なども楽しめます。

都心のベッドタウンという顔を持つ一方で

 徐々に大宮の立地の良さ、交通の便利さが知られ、駅周辺にはここ数年マンションが次々と完成。大宮駅近辺の家賃は上昇傾向ですが、「ワンルーム・1K・1DK」の家賃相場は6.82万円(ライフルホームズ調べ)と、まだまだお手頃価格をキープしています。ただし1つだけ忠告があります。それには大宮という街の特性を理解しなくてはいけません。

 大宮は、都心のベッドタウンという顔を持つ一方で、熊谷、深谷、古河、小山といった北関東の街の人間が目指してくる街です。大宮をねぐらに都心に向かう人がいる一方で、大宮を目指してくる人が大量にいるのです。そういった人たちが目指す場所の1つが、東口の歓楽街・大宮南銀座、通称「南銀」です。

 南銀は、「活気がある」と言えば聞こえは良いですが、殺伐とした雰囲気も否めません。都内の繁華街ではなかなか見られないような北関東のヤンキー的な香りを、南銀から感じる人もいるでしょう。そういった部分までも含めてこの街を愛せるかどうかが、この街に住む・住まないを決める分かれ目になるのではないでしょうか。

最終更新:8/12(土) 13:33
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。