ここから本文です

【DeNA タイトル争い参戦中】宮崎敏郎が“無欲で”手繰り寄せる首位打者の座

8/12(土) 11:50配信

週刊ベースボールONLINE

 華々しいブレークイヤーをタイトル奪取で締めくくれるか。宮崎敏郎がセの首位打者を争っている。8月10日終了時点で打率はリーグトップの.341。2位は昨季の首位打者の巨人・坂本勇人で.329だ。ただ、自身は「全然気にしていない」とチームの勝利を最優先している。

 開幕直後の4月19日に左ワキ腹の違和感で登録を抹消されたが、5月3日に再登録されると、その打撃センスを開花させた。「広角に打ち分けられることが自分のバロメーター」と話すとおり、内角球は引っ張って左翼へ、外角球は逆らわずに右翼へ。長打も単打もおもしろいように積み重ねた。交流戦期間中の6月11日の西武戦(メットライフ)で規定打席に到達するといきなりリーグ2位に躍り出た。13日のロッテ戦(横浜)でついにリーグトップに立った。

「五番・三塁」で固定して起用し続けているラミレス監督は「バットコントロールはチームで一番どころかリーグで一番かもしれない」と高く評価し、7月21日の巨人戦(横浜)の前についに「君はレギュラーだ」と認定した。

 昨季101試合に出場。335席に立ち、打率.291だった。レギュラーとして出続ける今季はこれからが勝負。相手の攻めも厳しくなる上に、未知の疲労も襲ってくるかもしれない。首位打者となれば球団では2013年のT.ブランコ以来。日本人では08年の内川聖一(現ソフトバンク)までさかのぼる。

 だが、宮崎にとってはタイトルは二の次なのだろう。ぶれない姿勢でチームに貢献し続ければ、それだけ首位打者も近づく。

写真=井田新輔

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)