ここから本文です

脱法動画業者のおぞましい暴走を止めることはできないのか

8/12(土) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 海外のサーバーを利用することで、日本の法律で取り締まられることから逃げる脱法動画による被害が後を絶たない。この制作者たちは、多くの関心を集めるために、ネットで吹き荒れる排外主義に寄り添ったいびつな映像を、とても合法とは思えない手段で制作することまでしていた。ライターの森鷹久氏が「たかが動画」では済まされない、脱法動画業者によって起きている摩擦についてリポートする。

 * * *
 片言の日本語で、撮影の中止を懇願する”中国人留学生”とされる若い女性。女性の周りを、複数の男性が取り囲む光景は異様としか言いようがない。女性は、ギャラは半分でもいい、病気が怖いし赤ちゃんが産めなくなる……と現場責任者らしき男性に涙で訴えるが、要求は受け入れられない。結局、撮影は始まってしまう。映像の最後、ボロボロになった女性は男らに担ぎ上げられ、プールに投げ飛ばされる──。

 これは2013年、ネット上のアダルトサイトにアップされた、違法なAVのおぞましい内容だ。ビデオの紹介文には「中国人留学生が学費のためにAVの世界へ」「日中問題の格好のネタになりたくないのでヤバくなったら消す」「証拠隠滅の為に配信停止の可能性も」などと列記されており、ユーザーらによる「素晴らしい」「興奮する」「(ずうずうしい中国人への)仕返しは面白い」といった映像を高く評価する書き込みも確認できる。

 4年前のこの映像が、ネット上の中国人コミュニティで波紋を広げている。

「日本のAVは好きだが、これはあまりにもひどい。演技だったとしても、なぜこのような設定にする必要があるのか? 中国人がこれを見て、良い気分になるわけがない。どうかしている」

 筆者にこのビデオの存在を教えてくれたのは、幼少期に家族で日本に移り住み、現在は都内のIT会社に勤務する劉さん(33)。劉さんと筆者は、数年前にナイトクラブで知り合って以降、定期的に酒を飲んだり食事をする仲だ。筆者が既婚者であるにも関わらず、頻繁に合コンに誘ってくるなど高い社交性が彼の魅力だが”このようなビデオを見て森さんはどう思うか”と、珍しく憤慨していた。

1/3ページ