ここから本文です

映画『タイタニック』の共演者、レオ&ケイトの友情ヒストリー

8/12(土) 12:00配信

コスモポリタン

『タイタニック』ファンからは今も“ジャックとローズ“として親しまれているレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。

【動画】熱烈すぎる、ケイトがレオへの愛を語ったスピーチ

映画が公開されて20年。今ではアカデミー賞俳優になった2人が未だに注目される理由は、どんな時もお互いの味方だから。

互いの偉業を讃え合い、レッドカーペットではいつも笑い合える。そんな2人の友情にほのぼのする10のエピソードを、コスモポリタン イギリス版がまとめました。

レオがケイトを心配して絵文字を送った

極寒の地で新作映画『The Mountain Between Us(原題)』の撮影に臨んだケイトは、『レヴェナント:蘇えりし者』で極寒の撮影を経験しているレオに相談したんだとか。

ケイトいわく、「撮影が始まる前にレオに話したら『オーマイゴッド! 君はクレイジーだよ。めちゃくちゃ寒いよ。君は自分が一体何をしようとしてるのか本当に分かってるの!?』って言われたわ」。

「撮影が始まって、雪と氷にまみれて横たわっている自分の写真に『あなたのことを思っているわ…』って言葉を添えてレオに送ったら、心配顔の絵文字が返ってきたの」とのこと。なんか微笑ましい!

レオがケイトの3度目の結婚式をエスコート?

ケイトが2度の離婚を経て、現在の夫ネッド・ロックンロールと2012年に極秘で結婚した際、一緒にバージンロードを歩いてエスコートしたのはレオだったという噂が。

レオいわく、映画での最高のキスは「ケイトとのキス」

2004年に、レオは『オプラ・ウィンフリー・ショー』のインタビューで、映画の中での最高のキスは「ケイト・ウィンスレットとのキスだった」と告白。

「(誰とのキスが最高かって)これを言ったら怒る女優さんもいるかもしれないけど、僕はケイト・ウィンスレットを挙げたいね。ベタな答えだけど」。

ケイトにとって、レオは「人生最愛の人」

出演映画『ダイバージェント』のプロモーション中、カルチャーサイト<ポップシュガー>のインタビューで、共演者のテオ・ジェームズと大親友のレオ、どちらを選ぶ?と聞かれて、ケイトは「レオは私の人生最愛の人よ、聞くまでもないでしょう!?」とキッパリ。

1/2ページ

最終更新:8/12(土) 12:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。