ここから本文です

【派遣女子・更新なし】太宰治の墓参りをしたくて上京した本好き女子、書店員になるも不況でリストラに

8/12(土) 13:00配信

Suits-woman.jp

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている木村美穂子さん(仮名・27歳)にお話を伺いました。美穂子さんはくせのある髪質を生かしたふんわりとしたショートボブに、マスカラとグロスだけの簡単なメイクでしたが、ぱっちりとした目元が印象的でした。薄い水色の半そでカットソーに、少し色落ちしたボーイフレンドデニムを合わせていました。

「今は、webマーケティングの部署で、簡単なデータの抽出やエクセルファイルの作成、データをもとにパワーポイントを作成したりしています」

オフィス系のソフトは、すべて働きながら覚えていったそうです。今も机の引き出しには、ソフトの教則本を置いています。

「元々は、全然マーケティングにも興味がなくて。今の仕事に就いたのは、派遣会社から紹介されたからですね」

美穂子さんは徳島県で生まれました。実家は家族経営で不動産業を営んでおり、住まいから少しはなれた場所で、父や母や親類が働いていたそうです。

「上に2人、兄がいます。一番上の兄とは10歳離れていて、真ん中とは6歳違いなので、あまり子供の頃に一緒に遊んだ記憶とかはなかったです。父親は女の子が欲しかったらしいんですよ。なので父には可愛がられましたね」

3人兄弟の末っ子だったため、兄2人よりおおらかに育てられた。

「元々、親族も会計事務所を開いていたり、遠縁ですが建築士がいたり。なにかしら資格を持っている人が多かったんですよ。一番上の兄は早い時期から大学受験を意識させられていて、中学から寮制度のある学校に進学しました」

一番上の兄だけ私立へ進学し、真ん中の兄と美穂子さんは、中高と公立に通います。

「真ん中の兄は地元のサッカークラブに通っていたため、友達と別れるのが嫌だって公立中学に進学したんです。兄が実家にいてくれたおかげで、私ものんびりできたというのはありますね」

中高と文芸部に所属し、読書に没頭しました。

「私は兄と違って、運動が苦手で。とにかく、本が好きだったんですよ。夏休みとか、図書室に行きたいがために学校に行ったり。よく、読書したページ数を棒グラフにして塗る課題とか、出るじゃないですか。あれが足りなくなって、紙を足していたら“お前、ズルをしてるんだろ”って、同級生から言われたりしましたね」

真面目なため、勉強が好きなように周りから見られていたが、理数系は苦手だったと言います。

「本が好きだと勉強も得意なように思われるのですが、とくに成績が飛びぬけてよかったというわけではなかったですね。同じ本を何度も読んだりするのは好きなのですが、好きな本も偏っていて。国語の成績は他よりはよかったですが、数学があまりできなかったので文系で行こうって思いました」

1/2ページ

最終更新:8/12(土) 13:00
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。