ここから本文です

松山、暫定首位タイ「上位に来られたことうれしい」 パット絶好調「凄くいい状態」

8/12(土) 9:21配信

THE ANSWER

全米プロゴルフ選手権、圧巻「64」で暫定首位で終了「いい形でプレーできている」

 海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第2日は11日(日本時間12日)、15位タイから出た松山英樹(レクサス)が7バーディー、ノーボギーと圧巻の「64」でスコアを7つ伸ばし、通算8アンダー。荒天により中断した影響で、全選手のホールアウトを待たずにサスペンデッドとなったため、ケビン・キスナー(米国)と並び、暫定首位で終了した。松山は「上位に来られたことはうれしい」と語っている。

【動画】コロコロと転がったボールはスライスしてピンに向かい、そして…PGA公式ツイッターが選出した松山の“58フィートの衝撃”ほか「ショット・オブ・ザ・ウィーク」

 松山は5番パー4でこの日初バーディーを奪うと、7番パー5でもバーディー。前半を2つ伸ばし、順調な滑り出しを見せた。圧巻だったのは、後半だ。12番パー4から怒涛の4連続バーディー。15番途中には雷により2時間以上も中断したが、再開後にバーディーを奪う集中力を発揮した。

 絶好調のパットで次々とバーディーを連発した。ラウンド後、「PGA OF America」は松山のインタビューを紹介。日本のエースは「パッティングをすごくいい状態をキープしている。ショットの部分は微妙なところがあるけど、いい形でプレーできている。パターを変えたことが影響しているのかもしれないけど、グリーンのラインもすごく読めているのでいい感じ」と手応えを語った。

 ホールアウト時点では首位タイ。「たくさんの試合に出て優勝争いすることが大事。上位に来られたことはうれしいし、明日も頑張っていい位置で終われたら」と第3日へ向け、意気込んだ。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:8/12(土) 10:29
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。