ここから本文です

松山、「64の衝撃」を海外で続々速報「華麗な、華麗なゴルフだ!」「なんてラウンドだ」

8/12(土) 10:04配信

THE ANSWER

全米プロゴルフ選手権、7バーディー、ノーボギーで暫定首位浮上

 海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第2日は11日(日本時間12日)、15位タイから出た松山英樹(レクサス)が7バーディー、ノーボギーと圧巻の「64」でスコアを7つ伸ばし、通算8アンダー。ケビン・キスナー(米国)と並び、暫定首位となった。海外メディアも「ヒデキ・マツヤマ、なんてラウンドだ」などと続々速報。PGAは「64の衝撃」の原動力となった圧巻の4連続バーディーを公式Youtubeチャンネルで動画で紹介している。

【動画】好パットに好アプローチを連発…「PGA」公式Youtubeチャンネルが紹介した「64の衝撃」の原動力となった松山の4連続バーディー

 これが、世界のヒデキ・マツヤマの本領だ。松山は前半でバーディー2つでスコアを伸ばすと、後半も圧巻の4連続を含む5バーディー。ノーボギーでまとめ、金曜日の主役となった。

 PGAは「64の衝撃」の原動力となった4連続バーディーを動画付きで紹介。さらに、海外メディアも続々と速報している。「PGA of America」の公式ツイッターは「華麗な、華麗なゴルフだ!」とつづり、最終18番のパットを沈めた動画とともに紹介。「マツヤマは第2ラウンドをボギーなしの64で終え、首位タイ」と伝えた。

 また、米CBSゴルフも公式ツイッターで「ヒデキ・マツヤマ、なんてラウンドだ 第2ラウンドを64で回り、首位タイに」と速報した。

 米国のみならず、英公共放送「BBC」は「全米プロゴルフ選手権:ヒデキ・マツヤマが64をマークし、ケビン・キスナーと首位タイ」、英紙「ガーディアン」も「ケビン・キスナー参戦の全米プロゴルフ選手権で、ヒデキ・マツヤマが見事に64で回る」と報じている。

 早くも世界で続々と反響が広がっている松山の「64の衝撃」。この日は荒天で中断した影響で、松山のラウンド後、全選手の終了を待たずにサスペンデッドとなり、暫定首位で終了した。

「上位にこられたことはうれしい。少なからず、2日間終わってメジャーのトップタイにいるということは緊張する」と心境を明かし、「先週も最終日にいいプレーができましたし、今日もいいプレーができた。残り2日間もいいプレーができるように頑張りたい」と意気込んだ。

 日本人初のメジャー制覇へ、世界の注目の下、日本のエースが突き進んでいる。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:8/12(土) 15:22
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。