ここから本文です

意外と知られていないキーボードショートカット集でマウスの使用を最小限に!

8/12(土) 20:10配信

ライフハッカー[日本版]

MakeUseOf: 私たちはマウスに頼りがちですが、マウスの使用が作業にどれだけブレーキをかけているのかには、あまり気がついていません。マウスに手を伸ばす時に集中力が少し途切れ、時間を無駄にしていることがあるのです。また、マウスをつかもうとしてマグカップを倒してしまった……といった経験はないでしょうか?

【画像】意外と知られていないキーボードショートカット集でマウスの使用を最小限に!

その一方で、キーボードは私たちが認識しているよりも、はるかに使える道具です。コンピューターを使う時は、両手をキーボードの上に置いているはずです。そこで、時間を節約し、生産性を高めるのに役立つ、キーボードを使ったスゴ技をご紹介します。

以下では、Windows、Office、Chrome、Firefoxで非常に重宝するキーボードショートカットをリストアップしました。また、複数のアプリケーションで動作する一般的なキーボードショートカットも一緒に紹介します。

Windows

以下はWindows 10で検証済みですが、ほとんどのものがそれ以前のバージョンのWindowsでも動作します。

・ハイコントラストの切り替え:Shift + Alt + PrntScr

デフォルトの設定では、このショートカットを使用すると、まずメッセージボックスが開きます。そのボックス中の [はい]をクリックするか、Enterキーを押して、ハイコントラストを有効にします。

こちらがオンになると、開いているすべてのウィンドウのフォントが拡大され、色はコントラストの高い色に変更されます。たとえば、デスクトップは黒く変わり、それまでは白い背景に黒い文字だったものが、逆転します。ハイコントラストを無効にするには、同じキーの組み合わせを再度押します。

・画面の回転:Ctrl + Alt + 上 / 下 / 左 / 右矢印キー

この機能は、グラフィックカードとビデオドライバーにもよるので、すべてのコンピューターで動作するとは限りません。動作する場合には、デスクトップが回転します。しかも、一瞬で切り替わる早業です。

ディスプレイ設定でこの変更をずっと有効にもできます。[設定](WindowsキーとIキーを押す)に進み、[システム]から[ディスプレイ]に移動します。この機能で、[向き]を[横]から[縦]へ、またはそれぞれの反対向き(逆さま)のオプションを選択することが可能です。

・開いているウィンドウ間の切り替え:Alt + Tab

開いているすべてのプログラムをサムネイル表示するウィンドウを起動します。Altキーを押しながらTabキーを押すと、次のアプリケーションにカーソルが移動します。両方のキーから指を離すと、その時に選択されているウィンドウが開きます。

AltキーとShiftキーを同時に長押しすると、Tabキーを押したときに進む方向が反対へ変わります。

・削除の確認メッセージを非表示にする:Shift + Delete

「これを本当に実行しますか?」と尋ねてくるメッセージボックスにイライラしていませんか? このショートカットを利用すれば、すぐに削除したい場合にしつこく確認を求められることがなくなります。

デフォルトでこのメッセージを表示しないように設定するには、デスクトップの[ごみ箱]を右クリックし、[プロパティ]を選択、[削除の確認メッセージを表示する]の横にあるチェックマークをはずします。

・デスクトップを表示/開いているウィンドウに戻す:Windowsキー + D

デスクトップを表示するのなら、マウスを画面右下に移動させず、このキーボードショートカットを押してください。ウィンドウを元の状態に戻すには、もう一度押します。

・コンピューターのロック:Windowsキー + L

デスクトップを開けたまま、その場を離れることはやめましょう。トイレに行ったり、コーヒーのおかわりに席を立ったりするときには、こちらのキーボードショートカットを押してコンピューターをロックしてください。席に戻って再ログインすると、すべてのプログラムとウィンドウは、ロックされる前の状態で表示されます。

・コマンドプロンプトを管理者として実行:Windowsキー + Rを押し、cmdを入力、Ctrl + Shiftキーを押しながら、Enterキーを押す

これは複雑なコマンドのセットです。しかし、それを正しく行えば、コマンドプロンプトに管理者として簡単にアクセスできます。

残念ながら、このショートカットはWindows 10 Creators Update以降からは機能しなくなるようです。そのかわり、WindowsキーとXキーを押して、クイックアクセスメニューを表示できるので、上/下矢印キーを使用してコマンドプロンプト(管理者)へ移動し、ENTERキーを押しましょう。

・シャットダウン:Windowsキー + X、U、I / U / R / H / S

数回のボタンクリックでWindowsのシャットダウンが可能です。WindowsキーとXキーから始めて、クイックアクセスメニューを開き、Uキーを押して[シャットダウンまたはサインアウト]オプションを表示します。最後に、Iキーを押してサインアウト、Uキーを押してシャットダウン、Rキーで再起動、Hキーで休止状態、Sキーでスリープ状態になります。

・デスクトップキーボードの技をカスタマイズする

よく使うフォルダーやアプリケーションがある場合、キーボードショートカットを自分で設定すれば、それらのツールにすばやくアクセスできます。ただし、この機能はデスクトップ上のショートカットに対してのみ有効です。

まず、デスクトップにショートカットを作成します。Windows 10では、ちょっとした技が必要になります。プログラムフォルダー内で目的のアプリケーションを右クリックする、またはそのアプリケーションをスタートメニューからタスクバーへ追加し、Shiftキーを押しながらタスクバーアイコンを右クリックして、[ショートカットの作成]をコンテキストメニューから選択します。

作成したショートカットがデスクトップ上にあることを確認します。そのショートカットを右クリックし、[プロパティ]を選択。[ショートカットキー]の項目には[なし]と入っているので、そのボックスをクリックして、キーボードから1文字、たとえばPキーを選びます。これでショートカットキーが作成されるので、Ctrl キー + Altキー + Pキーの組み合わせで呼び出すことが可能です。

(参考:ノートPC派に贈る、Windowsのキーボードショートカット30選)

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。