ここから本文です

若き日の小野や本田が放った輝き オランダで欧州“一歩目”を刻んだ日本人選手の系譜

8/12(土) 19:30配信

Football ZONE web

堂安が今季フローニンゲンに加入! 開幕戦でヘーレンフェーンの小林と“日本人対決”

 かつても今も、オランダ・エールディビジは「一歩目」のリーグである。南米や北欧、アフリカやアジアからやってきた若き俊英が、エールディビジからキャリアを切り開いていった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 日本人も例外ではない。1980年代に清水東高校を卒業した望月達也がハーレムに加入し、エールディビジデビューを飾る。テルスターでもプレーした彼は、日本人4人目の欧州プロ選手となった。

 Jリーグ開幕イヤーの93年には、小倉隆史が名古屋グランパスからエクセルシオールへ期限付き移籍する。2部リーグながら14得点をマークしたことで1部の強豪クラブから獲得オファーを受けるものの、様々な事情から帰国を決意した。

 エールディビジにおける日本人選手の評価を高めたのは、小野伸二(現北海道コンサドーレ札幌)に他ならない。2001年夏に名門フェイエノールトの一員となった彼は、現サウジアラビア代表監督のベルト・ファン・マルワイクが統べるチームでセントラルMFに定着する。のちにACミランへ移籍するヨン・ダール・トマソン、アーセナルのエースとなるロビン・ファン・ペルシーらと流麗なコンビネーションを築き上げ、加入1年目にUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)制覇の一員となった。フェイエノールトには5シーズン在籍し、112試合出場19得点をマークした。

本田はオランダから飛躍した最初の日本人に

 小野に続いたのは平山相太(現ベガルタ仙台)である。国見高校から筑波大学へ進学していた長身FWは、05-06シーズンにヘラクレス・アルメロへ電撃的に加入する。

 デビューも衝撃だった。途中出場から2ゴールを叩き出す最高のスタートを切り、最終的にはチーム最多8ゴールを記録する。翌シーズンはさらなる飛躍が期待されたものの、開幕直後にJリーグのFC東京へ移籍した。

 平山と同じ北京五輪世代では、エールディビジへの挑戦を経て日本代表の主力に定着した選手が二人いる。

 一人目は本田圭佑(現パチューカ)だ。星稜高校から名古屋グランパスへ加入したレフティーは、08年1月にVVVフェンロへ完全移籍する。ところが、チームはそのシーズンに2部へ降格してしまう。

 VVVに残留するか、移籍を模索するか――。08年夏の北京五輪を経て本田が下した結論は、2部での自己改革だった。「攻撃の選手は、決定的な仕事をしないと評価されない」とのシンプルな原理を、VVVで突き詰めることにしたのだ。

 果たして彼は、シーズン16ゴールをあげて1部復帰の原動力となる。FKキッカーとしても覚醒し、左腕にはキャプテンの腕章が巻かれた。09-10シーズンも前半戦だけで8ゴールをマークし、冬の移籍市場でUEFAチャンピオンズリーグに出場していたロシアの強豪CSKAモスクワへ引き抜かれる。エールディビジからのステップアップを勝ち取った、最初の日本人となったのである。

1/2ページ

最終更新:8/12(土) 19:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新