ここから本文です

<リンちゃん殺害事件>いまだ黙秘の容疑者、被害者家族と容疑者の子どもたちは今

8/12(土) 11:00配信

週刊女性PRIME

「行きずりの犯行ではなく、顔見知りで保護者会会長の犯行だったショックは大きい」

 と松戸市教育委員会の担当者は振り返る。

 今年3月24日、千葉県松戸市の小学校3年生でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(当時9)が行方不明となり、2日後に同県我孫子市の農業用水路脇の草むらで遺体となって発見された。

 約3週間後、県警が遺留品のDNA鑑定や防犯カメラの映像などから逮捕したのは、リンちゃん宅からわずか300メートルほどのところに住んでいた渋谷恭正被告(46=殺人、わいせつ目的誘拐、強制わいせつ致死、死体遺棄で起訴ずみ)だった。

 同被告は取り調べに黙秘を貫き、事件は4か月以上たっても全容解明されていない。

 逮捕当初、リンちゃんの父親は渋谷被告について「面会して話したい」と公言していたが、何も明かさない被告に堪忍袋の緒が切れたようだ。

「裁判所に提出するため“渋谷被告を死刑にしてください”という署名を保護者から募っています。リンちゃん1人を殺しただけでは死刑にならないことは百も承知で、その前例を覆したいという思いでね」(保護者会関係者)

 リンちゃん宅を訪ねると、雨戸を閉め切った状態でインターホンを押しても応答なし。近隣住民が説明する。

「100日法要を母国であげるというので、6月末からご両親と弟さんの3人で帰国したままなんです。でも、近所の親しい知人に鍵を預けていて、毎日、リンちゃんの仏前にお水やご飯などお供え物をあげてもらっているみたい」

 近所の40代女性は、

「リンちゃんはこの地域で愛されている。親御さんが帰国中でも、祈りを捧げる人はたくさんいる。新盆の迎え火をしてくれる人は多いはずだから心配いらない」と話す。

 リンちゃんの同級生は寂しい夏休みを迎えた。

「ときどき、“リンちゃんってどんな顔だったっけ?”と私に尋ねてくる。一緒に撮った写真がたくさんあるので、それを見て“あっ、リンちゃんだ”などと言って思い出しています」(同級生の母親)

1/2ページ

最終更新:8/12(土) 11:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10月3日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)