ここから本文です

現地の食材も充実!錦糸町で人気の老舗タイ食堂

8/12(土) 12:11配信

東京ウォーカー

さまざまな文化が交わるカオスな街・錦糸町。この街で数年前からよく目にするようになったのが、エスニック料理店だ。とりわけ見逃せないのが、錦糸町におけるタイ料理店の草分け的存在である、タイランドショップ。1986年にオープンした同店は、錦糸町で一番古い歴史を持つ。

【写真を見る】現地女性に大人気!ヘルシーな「センヤイエンタフォー」(702円)

ココナッツが効いたマイルドな辛さのグリーンカレー「ゲーンキョウワン」(756円)や、極太麺にトマトソースを合わせた「センヤイエンタフォー」(702円)など、提供メニューはいずれも逸品ぞろい。

だが、同店の魅力はそれだけではない。店内のショップに所狭しと並ぶのは、充実した品ぞろえを誇る現地の食材の数々だ。パクチーやカレーペーストなど、その数なんと約300種類!日本人のみならず、タイ人が買物に訪れることもあるという。自宅でタイ料理を作る時にも、覚えておきたい一軒だ。【ウォーカープラス編集部】

最終更新:8/12(土) 12:11
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。