ここから本文です

地獄が過酷なイメージなのは、ひと昔前の話!? ほりのぶゆき氏が描く、イマドキの「地獄」

8/12(土) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 「お盆」に故郷へ戻って墓参りをするという人は多いだろう。それは「お盆」に先祖の霊が戻ってくるのをお迎えするという風習が元にあるからだが、そもそも霊はどこから戻ってくるのか。「死んだ人がどこへ行くのか」は古来より答えの出ない永遠のテーマだが、一般的には「天国」と「地獄」の存在がよく知られている。

 ご存じの通り、生前に功徳を積めば天国へ、悪徳を積めば地獄へ向かう。特に地獄に関しては昔から多くのメディアに扱われ、現在も「閻魔」の名を冠した少女が対象者を地獄へ流す『地獄少女』の新作アニメが2017年7月から放送されている。悪人を裁く「地獄少女」の存在は恐怖の対象で、地獄のイメージはそれが基本だろう。しかし地獄の管理者たちの生活を面白おかしく描いた『鬼灯の冷徹』のようなギャグ漫画もあり、その捉えかたは多種多様。こうした流れの中で、漫画家生活30周年を迎えるギャグ漫画の巨匠・ほりのぶゆき氏が『阿鼻叫喚!!ゆるふわ地獄』(ほりのぶゆき/小学館)で、新たな「地獄絵図」を描きだした。

 地獄をテーマにした作品の場合、地獄側の視点から描かれたものが多いが、本作は地獄に堕ちた「亡者」の「高村君」が主人公。そして冒頭、高村君が地獄で感じたのは「これが生前恐れてた、あの地獄かね?」であった。なぜならあの有名な「針山地獄」では、まるで看護師のようなおばあさん鬼が採血をするかのごとく針を刺し、痛みがあれば「ごめんなさいね~」と詫びてくる。彼にとっては生前の、病院でのひとコマにしか思えなかったのだ。顔なじみのベテラン亡者「小野さん」によれば、現世同様に地獄も不景気なのだという。腕のいい職人鬼たちのリストラや「亡者にやさしい地獄を」と訴える亡者たちの決起集会などにより、現在のゆるふわな「ゆとり地獄」が誕生したのだ。

 この有様に憤慨した高村君は「閻魔大王」に直訴を試みる。しかし、登場したのは「委託でやっている」というサラリーマン然とした閻魔様であった。曰く「怖い地獄も当時の亡者の望みに応えた結果」なのだという。高村君は自らが昔の責め苦を体験することで、閻魔や亡者たちの意識を改めようとするが、かえってドン引きされてしまう。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダ・ヴィンチ

株式会社KADOKAWA

2017年11月号
10月6日発売

特別定価​690円(税込)

【表紙】乃木坂46
祝!2期スタート 『おそ松さん』特集&だからアニメはやめられない!
「6つ子」描き下ろしトビライラスト
『おそ松さん』豪華キャストによる、特別鼎談!!