ここから本文です

EVモデルも登場!? メルセデス・ベンツ GLA次期型は流行のクーペスタイルに

8/12(土) 6:03配信

clicccar

メルセデスベンツの最小クロスオーバーSUV『GLA』次期型プロトタイプを、擬装の軽い状態でカメラが捉えました。

【この記事に関連する別の画像を見る】



現行モデルと比較すると、薄型になったヘッドライト&テールライトが確認出来るほか、リアウィンドウは寝かされ、流行のクーペスタイルであることも分かります。



「Aクラス」次期型と共有する「MFA2」プラットフォームを採用するボディは、ホイールベースを延長、トレッドも拡大され後席居住空間も向上すると見られます。

パワートレインは9速DCTと組み合わされる2リットル直列4気筒エンジンおよびプラグインハイブリッドのラインナップとなりそうですが、遅れて完全EVモデルが投入される可能性もあるようです。現在、航続距離400km~500km程度を目指し、開発中との情報が入っています。

安全技術では「レーダーセーフティー」が大幅に進化、ステアリングアシスト機能や自動ブレーキの向上がなされ、室内では「デュアル・デジタルスクリーン」の採用による豪華装備に期待したいです。

メルセデスベンツは、今後8年間に8台のFFコンパクトモデルの新型を計画しており、「GLA」次期型は2019年にも市場に投入されると予想されます。

(APOLLO)

最終更新:8/12(土) 6:03
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)