ここから本文です

自家製降圧剤! 高血圧レシピに欠かせない「ゴーヤ」「海産物」「タマネギ皮煮汁」

8/12(土) 8:01配信

デイリー新潮

長寿のカギ「血管」を蝕むサイレントキラー 「高血圧」の最新常識(2)

 高血圧の“最初の薬”となる生活改善の術を見ていこう。まずは、何をおいても食生活。岡田正彦・新潟大学名誉教授は、

「『低糖質ダイエット』が流行っていますが、お腹がすいた分、魚や肉などタンパク質や脂肪を多めに摂りがちです。タンパク質、炭水化物、脂質という三大栄養素以外にカロリー源となる食べ物はなく、それゆえバランスが重要なのです。これをもとにアメリカの学会では理想的な食べ方の指針を示しており、一時期は『地中海式ダイエット』に倣おうとしていた。現在は表現を変え『DASH食』として推奨されています」

 DASH食とは〈Dietary Approaches to Stop Hypertension〉の略で、高血圧を防ぐ食事法の意。減塩と並行してカリウムやカルシウム、食物繊維を増やし、脂肪とコレステロールを減らすメニューのことである。

「血圧を下げる食材としては、小魚や海藻、エビ、カニ、イカ、タコなど海産物。そして大豆やシイタケなど。これらはみな和食に用いる食材です。タンパク質が不足がちで塩分がやや多いという和食の欠点を補えば、血圧はおのずと下がっていきます」(同)

“高血圧レシピ”

 実際に、管理栄養士の則岡孝子・横浜創英短期大学名誉教授に尋ねると、

「カリウムが多い旬の野菜といえば小松菜、キュウリ、レタスです」

 と“高血圧レシピ”を紹介してくれた。

「エノキやシメジと一緒に小松菜をサッと湯がいておひたしにします。塩分を考えて出汁と醤油を半々にするか、コクを出すためにポン酢とごま油をちょっと加えても美味しい。キュウリはビタミンCも多くてお勧めですが、これだけではつまらないので同じくカリウムの多いゴーヤと合わせます。ゴーヤと豆腐に出汁を加えて炒め、そこに細切りにしたキュウリを入れる。ハムやタコも加えると夏にぴったりです。また、わかめや竹輪と一緒に、ブイヨンでスープにする手もあります」

 野菜のみならず、

「カツオ、鰆、メカジキもいい。スルメもカリウムは多いのですが、その分コレステロールも高いため善し悪しです。そして切り干し大根やヒジキ。ヒジキは戻して茹でた大豆とドレッシングで和える。物足りなければ豆腐を入れてもいいですね」(同)

 アイデア次第で“自家製降圧剤”が出来上るわけだ。

1/2ページ

最終更新:8/12(土) 8:01
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。