ここから本文です

「青春18きっぷ」を使って乗りたい「九州地方の絶景路線」5選

8/13(日) 12:30配信

マネーポストWEB

「青春18きっぷ」のシーズンだ(発売期間:7月1日~8月31日。利用期間:7月20日~9月10日)。「青春18きっぷ」は、北は北海道から南は九州まで、1日あたり2370円でJRの普通列車が乗り放題。今年の夏は、ぜひ「青春18きっぷ」で鉄道旅行に出かけてみませんか? けれども「どの列車に乗ったらいいか分からない」という方も多いはず。そこで今回は、「青春18きっぷ」をこれまで100回以上利用し、日本全国のJR線をほぼ乗り尽くした鉄道旅行マニアの男性(40代)が、九州国地方の絶景路線を5線紹介します。

【長崎本線(鳥栖~長崎)】

「長崎本線は、福岡方面と長崎を結ぶ九州の主要幹線ですが、大変景色が良いことでも知られています。駅のすぐまえにサッカーチーム・サガン鳥栖のホームスタジアムがある始発駅の鳥栖駅を出発して佐賀県の県庁所在地・佐賀を過ぎ、肥前鹿島駅を過ぎてからがこの沿線の白眉。進行方向左側には有明湾が広がり、ムツゴロウで知られる干拓の海と雲仙岳を眺めることができます。

 諫早駅を出て喜々津~長崎間には、長与を経由する『旧線』と、ショートカット路線の『新線』があります。所要時間は新線の方が早いものの、景色では旧線に軍配が上がりますので、行きと帰りで路線を変えてみると、車窓をより楽しめるでしょう」

【久大本線(久留米~大分)】

「久留米と大分を結ぶ久大本線は全線141.5km、九州を文字通り横断する長大な路線ですが、絶景が連続する上に立ち寄りスポットも多く、18きっぷ旅にはぴったりです。

 久留米を出発した列車は筑後川に沿って進み、程なく到着する小京都・日田は、古い街並みが広がり、温泉が楽しめます。そして北山田~豊後森間では、まるで切り株のような、その名も『伐株山(きりかぶさん)』が面白く、『豊後富士』と呼ばれる由布岳を眺めながら進めば、由布院に到着します。これ以外にも沿線には温泉がいくつもありますので、ローカル線&温泉の旅が楽しめます」

1/2ページ

最終更新:8/13(日) 12:30
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。