ここから本文です

[INTERVIEW]風間八宏(名古屋グランパス監督)―「止める」の定義 ―

8/13(日) 14:30配信 有料

フットボールチャンネル

ボールを扱う・体を扱う・相手を扱う

 日本サッカーの「技術」は本物だろうか? 否、その定義はしっかりなされているだろうか?風間八宏監督の指導によって若い選手はもちろん、ベテランまで伸びていく姿を見ると、技術とは何かをしっかり再定義して、追究することができれば、日本サッカーはまだまだ強くなれると確信できる。今回は風間監督の「技術」の中でも根幹をなす「止める」について迫る。(文:西部謙司『フットボール批評16』を転載 取材日:3月7日)

プロフィール
風間八宏
1961年10月16日、静岡県生まれ。レバークーゼン、サンフレッチェ広島などでプレー。国際Aマッチ19試合出場。2008年より筑波大学蹴球部監督に就任。低迷していたチームを独自のスタイルで変革し、大学サッカー界を席巻する。2012年に川崎フロンターレの監督に就任。2017年から、名古屋グランパスで指揮を執る。本文:16,430文字 この記事の続きをお読みいただくには、フットボールチャンネルプレミアムの購入が必要です。

  • 通常価格:
    540円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

西部謙司

記事提供社からのご案内(外部サイト)