ここから本文です

初サークル参加の翌日、叶姉妹がコミケについて語ったことのすべて

8/13(日) 9:57配信

KAI-YOU.net

8月12日、とらのあなCMの発表会見に登壇した叶姉妹は、コミケについて改めて「感動した」と振り返る。

【セクシーコスプレも 叶姉妹の写真】

前日の興奮冷めやらぬ様子の叶姉妹のお二人。

筆者も列に3時間並んだのでわかるが(関連記事)、並んでいる人たちからは(普段のコミケにおける)殺伐とした空気は感じられず、終始、ポジティブな雰囲気にあふれたお祭りだった。

それは、サークル参加にあたっての、叶姉妹の事前準備、そして当日対応によるところが大きい。

初出展にも関わらず徹底された叶姉妹ブースの対応には、コミケ参加者から絶賛の声が寄せられている。Twitter上でも批判はほとんど見かけないという、あまり例のない出来事だ。

この日、トークショー後には複数メディアによる囲み取材が行われた。テレビ局も複数きている様子で、報道陣の数からも注目度の高さがうかがえる。

改めて、その裏側のエピソードが語られることとなったわけだが、KAI-YOUでは、個別で話をうかがう時間ももらうことができた。

昨日のコミケに引き続き今年通算4回目となる叶姉妹の取材を行った筆者だが、お会いするのは初めて。そして、冒頭で筆者が名乗ったところ、なんと認知されていたことが判明。「昨日は並んでくださったそうで」と言われさらにビックリ。叶姉妹についてはネットだけでも大量の記事が配信されているにも関わらず、大勢いるライターの名前を覚えているということが意外に思えたのだ。

しかし、その気配りこそ、このお二人が、一見破天荒に見えながらも多くの人に支持されている理由のような気がした。

すでに取材の速報は上がっているので、ここではコミケにまつわる質疑応答の全文を掲載する。

3000部は、初回で捌けるギリギリだった

とらのあな新CMに起用された叶姉妹。トークショー後の囲み取材でも、話題の中心は、前日8月11日にサークル参加した「コミックマーケットC92」(C92)。叶姉妹は、初日で最も話題をさらったサークルとして記憶に刻まれていることだろう。

半分ほどは叶姉妹の公式ブログでも言及されていたことだが、改めてコミケ参加の経緯から語られた。

──初のコミケでのサークル参加とのことですが、そもそもどういった経緯で?

恭子さん 美香さんはもともと漫画やアニメが好きで、いつも私に勧めるけれど、全く興味がなかったものでスルーしていたんです。でもある日、Twitterでとあるアニメのキャラが叶姉妹そっくりだと話題になったものですから、チェックしてみたところ、美香さんがいつも好きで見ている作品だったんですね。

それで私も見てみたら、アニメや漫画という観点ではなく、私たちが今まで訪れた世界の国々のものなどが散りばめられていて、興味のあるポイントがとても沢山あって(ハマっていった)。大好きな『ゴッドファーザー』とも似た雰囲気で、それで大好きだなと思うようになりました。

美香さん 海外でもアニメや漫画は興味関心が高く、私も(アメリカの)ボルチモアでオタコンには参加させてもらったこともあります。けれど日本では行ったことがなくて、去年のコミケ(C91)に参加させてもらったんです(関連記事)。

それで興味にあふれて、ぜひ(サークルで)出展してみたいという次のプロセスに至って、抽選の上で出展できることになって、(昨日終了して)今すごく感激しております。

恭子さん こういった場合、私たちはとても深いリサーチをするのですが、コミケの、日本でありながら異国のようであるという点に惹かれました。

なおかつ、去年の暮れに行った時に、みなさんの一体感やマナーがとても素晴らしく整っていた。一つ筋の通ったものがあって、それで今に至ります。

──構想から完成まで、どれくらいの制作期間だったのですか?

恭子さん 私たちは20年近くビューティーブックなどを制作してきましたが、そのようなものとは一線を画す、(コミケで頒布した同人誌は)あくまで自分たちの趣味のものなので。私は、あまりまとまりのあるものが好きじゃないのです。質問の答えになっているかわかりませんが、それで、構想と完成までにはかなりいろんな変遷があったというのが現実です。

──グッドルッキングガイの参加は見送ったとのですが、彼らに行った耐久テストって具体的にどんなことを?

恭子さん コミケは「地獄だ」「戦争だ」とみなさん仰っていて。特に夏コミは危険だと。

かなり蒸し暑い、息もできない状況だろうということで、彼らは私の好みに合わせてスーツでおりますので、それでその状況に耐え切れるかどうか、スチームサウナでテストいたしました。

──サークルの列が2千人という報道もありましたが?

恭子さん 会場についたのは08:40。そこからブースの準備をしたんですが、すでに会場の中で並んでいる方がいらっしゃって、いまいちシステムがわかっていないのですが、その時点で1000人ほどいて(※筆者註:サークルチケットで入場して並んだ人と思われる)。それで10時近くなってその列が外に移動したのですが、最終的に2000人ほどになったそうです。

サイン本は3000冊。(列の人数を考えれば)おおよそ自分たちの想定と一致しています。みなさんをお待たせしないことと身の安全、そして自分たちの体力も考えた上で、3000冊が精一杯の上限だったのではないかと思っています。

1/3ページ

最終更新:8/14(月) 13:56
KAI-YOU.net