ここから本文です

日本人の好きな果物ランキング、1位のフルーツはやっぱりこれ --- 黒坂 岳央

8/13(日) 15:21配信

アゴラ

「あなたの好きなフルーツはなんですか?」この質問をするとその答えは人によって実に千差万別です。あなたにもお気に入りのフルーツがあると思いますが、それはどれか一つだけというものではなく、旬によって違ってくるのではないですか?

例えば私は春はイチゴ、夏はメロン、秋はぶどう、冬はデコポンが好きですが、人によっては

「メロンより断然スイカ!」

「ぶどうより梨が好き!」

となるでしょう。じゃあ日本人全体で見ると、よく食べるナンバーワンの果物はなに?という疑問にお答えするのが今回の記事です。

“データ引用元:日本バナナ輸入組合調べ「第12回 バナナ・果物消費動向調査」2016)(http://www.banana.co.jp/public/trend/trend12.pdf)”

もっとも食べられているフルーツ1位は「バナナ」

さて、よく食べられているフルーツ1位は「バナナ」、実に64%の人がその名をあげています。2位は「りんご」で51%、3位は「みかん」の33%となっています。

やっぱりバナナは人気ですね!なんでもかつてはみかんがディフェンディングチャンピオンだったのですが、2000年以降は王者の座に変化が現れ、バナナは現在も12年間不動の1位をキープしているとのこと。私もバナナはほぼ毎日食べていますので、このバナナの人気には頷けるものがあります!

人気の理由は「安い・健康・うまい!」

人気のバナナを選んでいる理由トップ3はズバリ、「安い・健康・うまい!」というものです。

これはそのまま他のフルーツにも当てはまる人気の要素!リンゴ・みかんはそれぞれ2位・3位という順位ですが、同じ理由がいえるでしょう。

世の中のトンデモ健康論には「健康にいいと思われていた○○は実はガンの元!」などやっていますが、バナナ・りんご・みかんの健康効果にツッコミを入れる人はいませんし、近所のスーパーで手頃な価格でおいてあり、そしてそのおいしさは間違いなしです。

個人的には「家にいつもある」というのがかなり重要なポイントだと思います。子供時代や学生時代は家において目につく物を食べることで、それが食習慣となるじゃありませんか?外交官の子供は家に英字新聞がおいてあるのが当たり前の環境で育つので、自然に英語に触れて興味が湧いて英語に強くなる、ということを聞きますがなんでも同じです。バナナ・りんご・みかんも手軽な価格と健康やおいしいということで家族が購入し、それが家にあるのでつい手を伸ばして食べる習慣がつく、という好循環です。

子供の食育や家族の健康に関心があるお母さん!ぜひフルーツを台所においておくようにしてください!

1/2ページ

最終更新:8/13(日) 15:21
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム