ここから本文です

【ベスコス・スキンケア部門】顔とボディのTOP2はコレ! [VOCE]

8/13(日) 14:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

2017年上半期、美容のプロの心をわし掴みにしたコスメがついに決まる! 美容業界の顔ともいうべきプロ中のプロ53名が、VOCE読者のためにゼロから選んで厳正に採点。プロが感服した、今期を代表する珠玉のコスメはどこのブランドのどれ!?

プロの圧倒的支持を受けスキンケアの頂点に君臨

ついに化粧品でシワが消える時代がやってきた! 上半期の美容業界を揺るがした“日本初”のシワ改善美容液が、圧倒的支持で「最優秀賞」を受賞。塗ることで得られるこの効果、感涙ものです!

【最優秀賞】ポーラ リンクルショット メディカル セラム (医薬部外品)

「美容における女性の最大の悩みといえば、シミとシワ。シミの分野では医薬部外品があるのに、シワ改善を提案できる医薬部外品がないというのが、この美容液を開発するきっかけでした」と語る竹内さん。「シワ悩みを解決したい」という一心で開発に着手したのは15年前のこと。
「最初の難関は、シワができる原因を探ることでした。4年の歳月をかけ、好中球エラスターゼがシワの原因だと世界で初めて証明できたはいいけれど、今度はその働きを妨げる成分を見つけなければならない。約5400種もの素材を試し、ようやく新規シワ改善素材、ニールワンに辿り着いたのです」でもこの新成分、安定配合がとても難しかったそう。
「水に溶けやすくて、でも溶けるとどんどん分解が進んでしまうのです。全国の研究機関に足を運んでも改善策を発見できず……。結局、チョコミントアイスからヒントをもらい、粒を溶かさなくてもいいのかも!と思い至ったことで、研究がグッと前進しました」このセラムの最大の特徴は、化粧品では不可能とされてきた真皮への作用。「シワ悩みがなくなり、少しでも幸せに感じていただければ、開発者冥利に尽きますね」
(ポーラ化成工業株式会社 肌科学研究部 主任研究員 竹内啓貴さん)

審査員のコメント

ビューティジャーナリスト
齋藤薫さん
数十年に一度の革命的一品は、自分の中の化粧品の役割をも変えてしまうほどの大きな存在感を持った。

美容ジャーナリスト
吉田昌佐美さん
上半期最大のトピックスといえばこの美容液。4週目くらいから眉間のシワがつるんとしてきて現在も継続中。化粧水でヒタヒタに潤った状態で塗るのが吉田的効かせるツボ!

整形外科医
貴子さん
厚労省のお墨付きをもらっているだけあって、化粧品とは思えない驚きの効果。たるみ毛穴にも効果的なので、広めに塗っています

美容家
山本未奈子さん
悩み深きシワにダイレクトにアプローチ。安心してお任せできる私のお守りコスメ。

ビューティエディター
平輝乃さん
表皮の乾燥ジワではなく、真皮レベルのシワの改善が化粧品でできる時代に感慨ひとしお。

ビューティライター
橋下日登美さん
眉間の細かなシワがかなり軽減。鍵となる成分が水分と好相性ということで、確かにたっぷり保湿をした肌になじませると浸透力が上がるようで、シワの底上げ感が加速する印象

ビューティライター
前田美保さん
シワを徹底的に“斬る”ように一心不乱に塗り続けた結果、『シワが消えた!』と驚かれることが頻発。技術の結晶にひたすら感謝。

VOCE編集長
石井亜樹さん
1本使い終わるごとに、印象が若返る。シワや輪郭の緩みが減って、痩せた?と聞かれる顔に!

1/2ページ