ここから本文です

BMWの新型「2シリーズ」に装備された注目すべき2つのワイヤレス技術

8/13(日) 9:30配信

@DIME

 マイナーチェンジが施されたBMW「2シリーズ」のクーペとカブリオレにミュンヘンで乗ってきた。内外装の意匠や素材などの変更が主な変更点だが、その中でも注目したのはワイヤレス技術を用いた2つの装備だった。

【写真】BMWの新型「2シリーズ」に装備された注目すべき2つのワイヤレス技術

 1つは「CarPlay」のワイヤレス接続。「CarPlay」とは、このコラムでも今まで何度も触れている『iPhone』をUSBコードで接続し、カーナビ画面に大きく表示して使うアプリだ。使ってみたことのある人でないと、その便利さはわからないかもしれないが、現在では欧米のクルマの多くが装備している。日本車で採用に積極的なのがホンダや三菱、スズキなどだ。

 例えば、クルマに乗る前に行き先をGoogleMapsで検索し、そこで示されたルート通りに出掛けたい時に「CarPlay」はとても便利で助かる。GoogleMapsは新しく開通した道路にもタイムラグなく対応しているので、もともとクルマに装着されていたカーナビ専用機を使う機会が減っていっている。

 また、筆者は音楽配信サービス「Spotify」を自宅のPCやスマートフォンで利用しているので、車内でも「CarPlay」で同期しながら使うことができたらうれしい。他にも「CarPlay」の活用方法はいくつもある。クルマの中でもシームレスにインターネットに繋がることの意味は大きい。

「CarPlay」やAndroid版である「Android Auto」が装備されているクルマに乗ると、便利この上ない。さらに望めば、スマートフォンを接続してテザリングでインターネットに繋げるのではなく、クルマ自体がSIMカードを持ってインターネットに繋がっていれば、なお便利だ。新しい「2シリーズ」もそれが可能で、SIMカードを持ち、独自のアカウントを備えている。

 話を「CarPlay」に戻すと、新しい「2シリーズ」ではUSBコードを繋げなくてもワイヤレスで「CarPlay」を起動することができるようになった。これが可能なのはまだ少なく、筆者は同じBMW「5シリーズ」しかその例を知らない。ワイヤレスの便利さは使ってみると良くわかる。

 そして、もう1つのワイヤレスはスマートフォンの充電だ。Qiというワイヤレス充電の規格があり、規格に合致したアンドロイド端末ではセンターコンソールに置くだけで充電が開始される。また、『iPhone』はQi規格に則ったケースに装着すれば充電できる。そのケースはBMWで販売している。

 2つのワイヤレス化は『iPhone』でのインターネット接続と充電がワイヤレス化された“だけ”のことでは決してない。車内でのインターネット接続が、クルマでの移動を便利かつ快適にし、それは安全にも寄与していく。カーライフの幅と可能性を大きく広げるのだ。

「2シリーズ」の2つのワイヤレス化はクルマの知能化において先行している例だが、いずれ他のクルマも追いついてくるはずだ。今までは、最高速度や燃費などでクルマを比較していたのが、そこに新たなチェック項目が加わっていっているのだ。

 インターネットに接続できるのかどうか?

 それはSIMなのか、テザリングなのか?

 ワイヤレス接続と充電は可能なのか?

 運転の自動化とともに、コネクティビティも重視されるような時代になった。新しい「2シリーズ」のクーペとコンバーチブルは多くの日本車たちよりも1.5歩ぐらい先を行っていた。

文/金子浩久

@DIME編集部

最終更新:8/13(日) 9:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント