ここから本文です

イベント映え確実! 山に行く日の「アースカラー」

8/13(日) 23:00配信

集英社ハピプラニュース

グランピングやワイナリー巡り、避暑地への旅行、海辺の街へのお出かけなど、普段とはちょっと違う夏のイベントでの着こなしに、迷ったことはありませんか? それぞれの「背景」に映える色使いを意識すれば、もっともっと素敵に見えるんです!今回は山に行く日の配色ルールをご紹介します。

イベント映え確実! 海に行く日の「ビビッドカラー」


■避暑地やグランピング。“山”へ行くならシックな「アースカラー」を
高原などの避暑地への旅行やワイナリー巡り、グランピングなど“山”系のお出かけには、草や木々のグリーンになじむ「アースカラー」で全身のトーンをまとめるのがおすすめ。しっとりした山のムードにも知的で落ち着いた配色が上品に映えるんです♪
[写真]ブラウス¥14000/マイカアンドディール 恵比寿本店(マイカアンドディール) スカート¥18000/ロペ バッグ¥9900/ビリティス(ビリティス・ディセッタン) 帽子¥55000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ)

いかがでしたか? 一年に数回とないイベントだからこそ、シーン映えをとことん考えた着こなしで、誰より素敵な夏の休日を迎えましょう♪


撮影/菊地史<impress> ヘア&メイク/塩沢延之<mod's hair> スタイリスト/松野裕子 モデル/オードリー亜矢香