ここから本文です

【名古屋】風間監督と全国制覇の母校恩師が証言! 3戦連発の青木亮太が4年目の飛躍を遂げつつある理由

8/13(日) 17:19配信

SOCCER DIGEST Web

風間監督は「頭(の中)が連続して動くようになってきた」と評価。

[J2リーグ27節]名古屋5-2松本/8月12日/豊田ス
 
 名古屋グランパスでプロ4年目を迎えたMF青木亮太が、3試合連続のゴールを決めた。

J2リーグ順位表

 
 12日に行なわれたJ2・27節の松本戦で1得点・1アシスト。ただ、5-2の勝利に貢献したが、「3戦連続は狙っていたので、決められて良かった。点を取ることは続けていかなければいけない。二桁くらいは狙いたいけど、得点を狙いつつ、チームの力になることを考えたい」と、青木は笑顔を少し覗かせる程度にとどめ、さらりと話した。怪我に悩まされてきた時期が長かったこともあって喜びは隠さなかったが、一方で、これからだという気持ちが強いようだ。
 
 青木は、これまでずっと怪我との戦いに苦しんできた選手だ。プロ1年目は、U-19日本代表候補で活躍した直後に負傷。U-19アジア選手権メンバー入りの可能性が消えた。プロ2年目は開幕先発が濃厚となったが、開幕直前に左膝前十字じん帯断裂などの重傷を負って長期の離脱を強いられた。
 
 3年目は夏に復帰を果たしたが、出場は1試合のみ。しかも、チームはJ2降格の憂き目にあった。青木は「久々に、あまり怪我もなくできている(シーズン)。続けて(試合を)できていることが、調子がだんだん上がっているひとつの理由かなと思います。今まで、なかなかなかったので、今はすごく楽しいですし、楽しいなかで結果が付いて来ているのが良いと思います」と4年目の飛躍の実感を話した。
 
 今季も左足の負傷で1か月の戦線離脱を余儀なくされたが、24節の京都戦で戦列復帰した後は、25節から3試合連続得点と絶好調だ。風間八宏監督は「自信が付いてきたのではないかと思う。あとは、頭(の中)が連続して動くようになったということ。身体を動かすのは、頭。頭が動かなければ、身体は動かない。ただ、まだプレーの中で止まってしまう部分もあるので、その辺は厳しく見ていきたい」と期待の裏返しである叱咤を織り交ぜながら、キレのある動きを評価した。

1/3ページ

最終更新:8/13(日) 17:20
SOCCER DIGEST Web