ここから本文です

スマホ国家・中国で起きた「サイバー三河屋」大暴動の顛末 刃物、棍棒、大乱闘!

8/13(日) 6:00配信

現代ビジネス

 ここ半年ほど、日本では中国の社会のスマート化が驚きをもって報じられるケースが増えている。いまや中国のスマホ普及率は58%で(日本は39%)、都市部だけなら9割以上に達するという「スマホ国家」。大都市圏を中心として、QRコードの読み込み機能を使ったスマホの電子決済も、個人経営の商店や街角の屋台にいたるまで広く普及している。

 ゆえに急成長を見せているのが、シェア自転車やタクシー配車アプリなどの、スマホを介したさまざまな便利なサービスだ。米国のスマート出前サービス「UberEATS」の中国版である「美団外売」もそのひとつである。ユーザーはアプリを使って、現在地の付近にある多数の登録店から料理の取り寄せができる。他にも「餓了么」「百度外売」など各社がしのぎを削る。

 従来のように各店舗に直接電話を掛ける面倒がなく、ポータルサイト上でメニューをじっくり見てから注文できるため、食へのこだわりが強い中国人に大ウケしているサービスだ。いまや食事どきに中国の都市部を歩くと、各社のスマート出前バイク(電動バイクが多い)が、スラムの最深部に至るまであらゆる路地を走り回る光景を見るようになった。

 ただし、スマホアプリを介した次世代のイノベーションを感じさせるサービスとはいえ、現場で出前の配達を請け負っているのは、サザエさんの「三河屋」さながらの街の普通の兄ちゃんたちだ。ゆえに、いかにも中国らしいカオスな事件も数多く発生中である。

 この記事では、妙にケンカっ早くてアウトローな「サイバー三河屋」の配達員たちの、実に香ばしい事件簿をご紹介していきたい。

三河屋VSガードマン、真夏の決戦!

 今年7月27日夜、四川省成都市温江区で、美団外売の出前配達員100人あまりと住宅街のガードマン十数人が、それぞれ手に凶器を持って武力衝突する事件が発生した。地元警察当局の微博(中国版ツイッター)や現地報道によれば、事態の推移は以下の通りである。

 1.同日午後8時ごろ、美団外売の配達員・伍さんがある住宅街に配達に来た際に、入口ゲートで身分証の登記など必要な手続きをしなかったため、住宅街側のガードマンと口論となる。やがて苛立ったガードマン側が鉄パイプを手に伍さんをぶん殴る。

 2.伍さんの上司・雍さんが現場に駆けつけて仲裁に乗り出す。だが、この上司も血の気が多い人だったらしく、ガードマン側と突き飛ばし合ったり殴り合ったりして、騒ぎはむしろエスカレート。

 3.劣勢になった雍さんはケンカは数だと考えたのか、みずからスマホのチャットソフト「微信(ウィー・チャット)」のグループ機能を使って、近隣地域の配達員たちを次々に召喚。仕事を放り出した兄ちゃんたちがワラワラと100人以上も現場に集まってくる。

 4.互いに鉄パイプ・棍棒・刃物などで武装した「サイバー三河屋」配達員とガードマンによる、真夏の夜の大決戦が発生。中国の暴動にはよくある話ながら、なぜか入れ墨の入った「その筋」らしき人たちも配達員側に加勢にやって来て武器を振り回し、国士無双の大暴れ。

 5。数に勝る配達員側がガードマンを取り囲んでタコ殴りにする。

 結果、ガードマン7人と配達員1人が負傷して病院に運ばれ、5人が「聚衆闘殴罪」(仲間を集めて暴動を起こした罪)で逮捕された。暴動の規模がいきなり拡大したため、警察側は現場ではほとんど手を出せない状態であったという。

 7月30日、美団外売の微博公式アカウントは事件を受けて「社会に良くない影響をあたえた」ことを謝罪し、配達を請け負う人材への監督強化と各地のガードマンとの円滑なコミュニケーションの強化を約束するという声明を発表。スマートなIT企業らしからぬ泥臭い事件への対応に追われることとなった。

 (↑在外華人メディア『多維新聞』がYoutube上で配信した、河北省のスマート出前配達員とガードマンのガチンコバトルの映像)

 今年7月20日には河北省においても、美団外売の配達員とガードマンが駐車違反の罰金支払いをめぐって衝突し、それぞれ十数人同士で殴り合う事件が発生している。この事件ではガードマン側だけが武器を持っていたため、配達員9人が病院に運ばれる騒ぎとなった。

1/3ページ

最終更新:8/13(日) 6:00
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。