ここから本文です

【夏の甲子園 名勝負7】ドラマに次ぐドラマ。延長18回の死闘

8/14(月) 11:06配信

週刊ベースボールONLINE

連日、熱戦が続く夏の甲子園。『週刊ベースボール』では戦後の夏の甲子園大会に限定し、歴代の名勝負を1日1試合ずつ紹介していきたい。

いつしか時計の針は午後7時45分を過ぎて

<1979年8月16日>
第61回大会=3回戦
箕島(和歌山)4-3星稜(石川)

 青空から薄暮へ、そして星ひとつない夜空へと甲子園上空は変化した。

 1979年8月16日、午後4時6分に開始された3回戦、箕島─星稜戦は球史に残る死闘となった。

 箕島・石井毅(のち西武)、星稜・堅田外司昭の両エースの熱投で4回に互いに1点ずつを挙げるも、そのまま試合は延長戦に突入する。

 この延長戦がすごい。こう着状態にはならず、流れが二転三転。まさにドラマに次ぐドラマだった。

 まずは延長12回表、星稜は音重鎮(のち中日)のヒットと山下靖の四球で一死一、二塁とする。ここで石黒豊の打球はセカンドへの何でもないゴロだったが、堅守の二塁・上野山善久がまさかのエラーで星稜が1点の勝ち越し。上野山は顔面蒼白となり、へたり込んだ。

 その裏、箕島の攻撃は簡単に二死。ここで打席に入ったのが、一番の捕手・嶋田宗彦(のち阪神)だ。打席に向かう際、尾藤公監督に向かい、「監督、一発ホームランを打ってきますわ」と声をかけたという。そして、まさかまさかだが、その言葉どおり左翼ラッキーゾーンへ同点本塁打を放った。

 次は14回裏の箕島の攻撃だ。一死二塁から森川康弘が投手のけん制の間にスタートを切り、見事に三盗を決めるも、なんと隠し球でアウト。2年生の三塁手・若狭徹の好判断だった。

 16回表、今度は星稜の主将・山下靖がライト前タイムリーで1点勝ち越し。今度こそ勝負あったかに思われた。その裏、マウンドに向かう堅田に星稜・山下智茂監督が「二死を取ったからといっても油断するなよ」と声をかけたのは、念のためだろう。

 しかし簡単に二死を取った後だった。隠し球でアウトになった森川の打球がふらふらと一塁のファウルグラウンドに上がり、一塁の加藤直樹が落下点に入ったかに見えた。しかし、ここで照明が目に入り、腰をかがめたところで、転倒し、捕球はできず。それでもこの時点では、星稜ナインの表情に余裕があったが、今度は森川が左中間ラッキーゾーンにたたき込み、試合はふたたび振り出しに戻った。

 いつしか時計の針は午後7時45分を過ぎ、残るは18回裏、箕島の攻撃だけとなった。星稜の投手・堅田の体力は、もう限界を超えていた。先頭の代打・辻内崇志に簡単に四球、一死の後、北野敏史にまた四球で一、二塁。このとき山下監督は、紙に「最後だ。悔いのないプレーをやれ」と書いて、伝令にマウンドまで持たせたという。

 必死に気力を奮い起こす堅田だが、「握力が落ち、球の抑えがまったく利かなかった」と球に力がない。インハイのストレートを上野敬三(のち巨人)がとらえ、レフト前にサヨナラヒット。3時間50分に及ぶ死闘はようやく幕を降ろした。

 試合後、箕島・尾藤監督が「闘志と闘志のぶつかり合い。こんな素晴らしい試合ができたのは星稜のおかげです」と言えば、山下監督も「勝ちたかったが、もう何もいうことはない。こんな試合をした選手にあれこれ言うのは間違いです」。

 箕島はこの後も勝ち進み、史上3度目の春夏連覇を成し遂げている。

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)