ここから本文です

主婦もハマるインスタ鍵垢の世界 投稿流出はなぜ起こるのか

8/14(月) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 オシャレな写真を楽しめると女性人気が高いSNSのInstagram(インスタグラム、通称インスタ)は、アカウントに鍵をかけて限定公開にすることができる。認めた人以外からは投稿内容を見られない鍵付きアカウント、通称「鍵垢」(カギアカ)だ。ユーザーはなぜ鍵をかけるのか。鍵アカウントの実態はどうなっているのか。さらに、鍵アカウントで投稿してもアカウントの存在が周囲にばれてしまったり、投稿が流出することはあるのかについて、ITジャーナリストの高橋暁子氏が解説する。

 * * *
 Instagramは、基本的に世界中の人達が投稿を見ることができるようになっている。しかし、「非公開アカウント」機能をオンにするとプロフィールに鍵マークが表示され、投稿を閲覧できる相手を自分が承認した人に限定できるようになる。このように鍵をかけたアカウントを、鍵垢(カギアカ)と呼ぶ。

 AKB48の渡辺麻友さんと見られる鍵をかけた裏アカウントが流出して話題となったことがあるが、鍵垢の存在がバレてしまったり、投稿が外部から見られてしまうリスクはないのだろうか。鍵垢の実態と危険性について見ていこう。

●「言いたいけれど言えない秘密を知らせたい」

「友だちだけと思うと安心して公開できるから」と、主婦のA子さんは鍵垢にしている理由を語る。A子さんは、Instagramで姑への愚痴を投稿しまくっているという。個人情報漏洩や炎上などを過度に恐れて鍵をかけているユーザーもいるが、基本的には知っている人のみに伝えたいと考えてのことが多いのだ。

「鍵をかけている人は、愚痴やネガティブなことを投稿していることが多い。中には、片思いや不倫などのプライベートなことを投稿している人も」(A子さん)。つまり親しい人の間のグループLINE、或いは非公開SNSのように使われているのだ。A子さんの友だちの主婦には、若い恋人との不倫デート写真をInstagramに投稿している人もいるという。

1/2ページ