ここから本文です

ハゲはほんとに治るのか#2「女性は男の薄毛をどれだけ許容してくれるか問題」

8/14(月) 7:00配信

文春オンライン

 薄毛の進行を食い止められる治療薬の登場は、男性型脱毛症(AGA)に悩む人にとって大きな福音となりました。しかし、気になるのは、その治療費です。少しでも安い方がいいかもしれませんが、インターネット通販で販売されている薬には偽物も流通しているとか。また、クリニック選びも注意をしないと、科学的根拠のない治療やセット販売などで、多額のお金を支払うことにもなりかねません。どんな薬やクリニックを選べば安心できるのか?  日本における薄毛治療の第一人者、東京メモリアルクリニック・平山の佐藤明男院長にジャーナリストの鳥集徹さんが迫る第2回です。

◆◆◆

──前回、AGAの治療薬フィナステリドを飲めば、99.7%の確率で薄毛の進行を食い止められ、患者さんの満足度も高いというお話をうかがいました。ただし、20歳ぐらいで薄毛になって治療を始めたら、薬を飲む期間が相当長くなりますよね。AGAは病気ではないので、健康保険が利きません。つまり、保険の利かない自由診療ですから、経済的にも負担になりませんか? ネットで調べると1ヵ月1~2万円とありました。

佐藤 そんなにかかりませんよ。先発品の「プロペシア(フィナステリドの商品名)」だと月に7500円ぐらい、ジェネリック(後発品)にすれば4500円ぐらいです。経済的に少しでも安いほうがいいという方もいますので、患者さんが希望されたら私もジェネリックを処方しています。

──すでにジェネリックも出てるんですね。効果の差は、あまり気にしなくていいでしょうか。

佐藤 いや、差はあると感じます。フィナステリドの原薬(主成分)は、日本1社、インド2社で作っているのですが、製剤化(添加物などを加えて薬の形にすること)するときに、どうも技術差があるようです。ジェネリックを希望されて、処方した患者さんの中には、「効かないから先発薬に変えてください」という人や、喘息が悪化したという人もいました。添加物に問題があるのかもしれませんが、ある1社の薬にはそのようなクレームが集中するようです。

──ジェネリックでも問題なく効果が出る人もいるんですよね。

佐藤 もちろんです。ただ、ジェネリックは出始めてまだ1年ほどしか経っていません。そのため、製品が安定化しておらず、そうしたトラブルが出やすいのかもしれません。一方、先発薬は市場に出て20年近くになります。私も先発薬でデータをとってきましたから、「この薬は、これくらい効きますよ」と胸を張って言うことができます。そもそも、それくらいの実績がないと、本当にいい薬なのかどうかは言えません。ジェネリックはデータがないので、いい薬だと確信をもって言えない状況です。ジェネリックもデータを集めて、実績を作っていく必要があるでしょう。

1/5ページ

最終更新:8/21(月) 12:51
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。