ここから本文です

学者とマニア、右と左の「中間領域」から過去を問う 近現代史研究家・辻田真佐憲が「戦争」を書く理由

8/14(月) 7:00配信

文春オンライン

 戦後72年。かの戦争体験の声が次第に聞けなくなっている今、証言者たちの“孫世代”の中に、声を拾い、研究を深め、表現をする人たちがいる。

 戦争から遠く離れて、今なぜ戦争を書くのか――。

 インタビューシリーズ第2回は近現代史研究家の辻田真佐憲さん。『ふしぎな君が代』『大本営発表』『文部省の研究』など、政治と文化の関係を主軸に研究を展開する辻田さんが考える「戦争を問い続ける」意味とは何か?

森友・加計学園問題と『文部省の研究』

――森友学園、加計学園と今年は何かと文部科学省案件の問題が政治を揺さぶっています。そんな中に出版された『文部省の研究』では、国民道徳の規範として「教育勅語」が戦前、戦中、そして戦後どう使われてきたかが一つのテーマになっていて、森友学園問題を予見していたかのような感じさえ持ちました。

辻田 出版のタイミングは全くの偶然です。ただ以前から森友学園は「軍歌を歌わせる幼稚園」を経営しているところとして注意はしていたんです。私は大衆を扇動する文化やプロパガンダに関心があって、軍歌や教育勅語にももちろん興味を持っていたんですが、まさかこの時代に、しかも幼稚園で実際に使われるとは思いもしませんでしたから。危なっかしいなあ、なぜ問題にならないんだろうと不思議に思っていましたが、一気に大問題になりましたね。

――加計学園問題では、文部官僚にも注目が集まりました。

辻田 文部科学省は文部省時代から地味なお役所で、文部官僚個人にスポットが当たるなんて、なかなか想像できなかったと思うんです。ところがここに来て、官邸の圧力を告発した前川喜平前事務次官や、それに対立する形で文部省OBの加戸守行・前愛媛県知事が登場しました。最近だと「ゆとり教育」を推進した寺脇研さんが目立ったくらいでしたよね。あと、少し遡りますがリクルート事件で有罪となった高石邦男元事務次官とか。

――文春オンラインでは辻田さんに「前川前次官もびっくり!? 官僚マニア垂涎の『月刊官界』を知っていますか?」という記事をいただきました。

辻田 あれは『文部省の研究』の資料として読んでいたら、色々と面白いところがたくさんあったので書きました。特にグラビアページがすごいんですよね。めくっても、めくっても、ひたすらスーツの中高年男性ばかり(笑)。

1/5ページ

最終更新:8/14(月) 7:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。