ここから本文です

人の深層心理を理解すると良きリーダーになれる

8/14(月) 8:13配信

ライフハッカー[日本版]

Inc.:リーダーは、部下の真のモチベーションを理解する前に、人が深層心理で仕事に何を求めているのか知る必要があります。それを理解できていると、達成すべき仕事を部下にどう依頼するかが違ってくるからです。部下がチームへの帰属意識、安心感、優位性、自信、有用性を感じられるようなやり方で仕事を与えなければ、幸福感を得られず最後は辞めてしまうかもしれません。

【画像】人の深層心理を理解すると良きリーダーになれる

それでは、人は深層心理で仕事に何を求めているのでしょうか。ここでは、5つご紹介したいと思います。

1. 帰属意識を感じたい

私たちは、何かを達成して上司やチームメイトから称賛されると、自分は「正しい」道を歩んでいる、有能で他人から認められている価値のある人間だと確信します。そして、チームの一員であると感じるのです。人は自然と、この帰属意識を求めています。

2. 安心感がほしい

進化論的観点からいうと、何でも多ければ多いほど、生存の可能性が高くなります。たとえば、たくさんの食物を獲得できると身体が肥大して越冬できます。人類は生まれつき、より多くを求めるようにプログラムされているのです。

一方仕事の場合、業務を達成しても体に良いわけではありません。Mayo Clinicの研究によると、ストレスが多い仕事は健康を損なうリスクがあることがわかっています。しかし精神的には、仕事の達成を重ねると頼れるだけの信頼を得たと感じたり、十分稼ぐことで安心できたりします。恐らく一番良い例は、一定の年数在職すると失業の心配がなくなる身分保障権でしょう。

3. 他人より優れていると感じたい

普段は礼儀上、口に出すのをはばかりますが、仕事の目標を達成すると誰かに頭の中でこんなふうに言いたくなります。「俺はやったぜ。君はできなかったね。俺のほうが立派で優秀なんだ」そのため、仕事の目標を達成すると、少なくともその瞬間は、「自分は支配的な立場だ」といえるので、他人と自分を比較して優位性を感じることができます。

4. アイデンティティーを確認したい

仕事の目標を達成すると、明らかに自尊心が刺激されます。何かを達成するたびに、「自分はやれる」と自分に語りかけ、自分は有能な人間だと思えます。この達成感は、アイデンティティーの確認につながることがよくあります。たとえば、仕事を達成するのに必要な教育や知識の獲得と応用の経験も、自分のアイデンティティーの一部です。よって、仕事で結果を出すことはアイデンティティーの確認になると同時に、アイデンティティーの形成にもなります。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

配信終了のお知らせ(11月16日)

  • nikkei BPnetの配信が終了しました。