ここから本文です

Netflixの世界戦略を「アニメ」に見た──独自作品の配信を強化する本当の理由

8/14(月) 12:20配信

WIRED.jp

ストリーミング配信大手のネットフリックスが、独自制作のアニメを強化していく方針を明らかにした。コンテンツ制作に年間60億ドルも投じる同社にとって、アニメとは単なる一部の熱心なファンのためのコンテンツではない。実は「コンテンツの世界戦略」そのものだった。

開放されたテレビはひと味もふた味も違う!テレビの明るい未来とは

映像コンテンツのストリーミング大手であるネットフリックスが、新たな独自コンテンツの開発に向けて多額の投資を実施した。これまでネットフリックスは、大規模予算の映画やファンの多い映画の“復刻版”への投資はしてこなかった。その代わりに選んだのが、2017年から18年にかけて配信予定の最新アニメシリーズである。そこから透けて見えるのは、ネットフリックスの今後の国際的な事業戦略だ。

すでにNetflixは多くの独自アニメ作品を提供している。人気テレビゲームが原作のアニメシリーズ『悪魔城ドラキュラ ーキャッスルヴァニアー』などがそうである。このほかにも、『鋼の錬金術師』や『攻殻機動隊』の制作に携わったスタジオなどによるアニメを前面に押し出している。

この戦略は単なるギャンブルではない。2017年のネットフリックスの戦略の最も本質的な部分だと考えるべきなのだ。

放映権という問題

まず、2017年8月2日にネットフリックスが発表したオリジナルコンテンツ戦略における、「オリジナル」な要素について見ていこう。同社は16年に独自コンテンツの制作に50億ドル(約5,460億円)を投資し、さらに17年には60億ドル(約6,552億円)を投じている。これは、NFL単体に毎年20億ドル(約2,183億円)近くを支払っているESPNを除けば、どのテレビネットワークやストリーミングサーヴィスよりも高額である。

なぜネットフリックスは、これほどの金額をオリジナル作品に投じているのだろうか。正解は、そのほうが権利関係が格段にシンプルになるからだ。

現在のアニメの多くは、地域ごとのライセンスが複雑に入り組んでいる。このため、ネットフリックスは世界中で一貫したラインナップを提供することができない。契約が切れてしまえば、ユーザーが視聴済みかどうかに関係なく、そのアニメは見れなくなってしまう。

大人気アニメ『ワンパンマン』を例に挙げよう。ネットフリックスは昨年、同作品を今春まで米国内で独占配信するために、多額のライセンス料を支払った。この動きはNetflixのアニメサーヴィスを安定的なものにするうえで役立ったが、それ以上の差別化にはつながらなかった。というのも、独占的な配信期限は切れてしまったからだ。それは単なる短期戦略でしかなかったのである。

それとは対照的に、今回ネットフリックスが東京で発表した12の新しいアニメは、ラインナップから消えることはない。しかも、Netflixがサーヴィスを提供している190カ国すべてで視聴可能になる。そしてこの戦略だけが、優れたラインナップと熱心な視聴者を擁するアニメ配信サーヴィスのCruncyrollやFunimationなどに打ち勝つ唯一の道なのである。

Netflixは、Crunchyrollにサーヴィスの“深さ”で優位に立つことは難しい。だが、その必要はそもそもないのだ。毎月10ドルの利用料を払うことをいとわない熱心なアニメファンが、Crunchyrollにはないアニメを見るためにNetflixを使ってくれさえすればいい。

Frost&Sullivanのアナリストであるダン・レイバーンは、「複数の選択肢に興味をもっているユーザーは、ひとつだけでは満足できないでしょう」と指摘する。「たいていの消費者は、複数のサーヴィスを利用することになるのです」

これが一度に多くのアニメ番組をラインナップに加える理由の一つだ。いくつかのアニメは失敗に終わるだろう。しかし、もしそのうちの1つでもヒットすれば、それまでリーチできていなかったユーザーを固定客にできる。それは大きな強みになる。

1/3ページ

最終更新:8/14(月) 18:35
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc