ここから本文です

仕事でクビになるほどのミスを犯したらどうする?

8/14(月) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

普通だったらクビになりそうな「やっちまった!」というシチュエーション。その時の対応の仕方で、クビになるかどうかが変わってきます。いざという時に備えて、正しい対応の仕方を覚えておきましょう。

【画像】仕事でクビになるほどのミスを犯したらどうする?

すぐにやるべきこと

「やっちまった」ことに気がついたら、すぐに上司に知らせましょう。どんな反応が返ってくるか怖いかもしれませんが、他の人から上司の耳に入るよりはずっとマシです。上司は、なぜそのような事態が発生しているか、理由を聞いてくるはず。それに答えられる準備をしておきましょう。「CareerSherpa.net」の創設者で職探しに詳しいHannah Morganさんは、事態の収拾と再発防止のためにも、この会話が必要だと述べています。それに、上司には上司なりの解決策があるかもしれません。

もし問題の詳細を把握できていない場合は、自分のやったことを正直に述べたうえで、速やかに解決策を報告することを上司に約束してください。おそらく上司は、ミスによる影響、今までに起きたこと、これから起きるであろうことをあなたに伝えるでしょう。そこで、状況の深刻さを理解して事態の収拾に率先して取り組んでいる姿勢を示せれば、あなたがクビになる可能性はグッと低くなります。

信頼を取り戻す

上司からの評判を修復し関係を元に戻すためには、事後の対応が重要です。上司が認めた解決策を進め、進捗や結果を逐一報告しましょう。たとえ気まずくとも、オープンなコミュニケーションを保つことで、上司からのサポートを受けやすくなるとMorganさんは説明しています。

ミスを犯してから少なくとも半年は、油断をしないでください。これ以上大きなミスをしないように気を付けながら、信頼を回復できるように一生懸命仕事に取り組みましょう。自分のやるべきことがきちんとできているか、時間をかけてダブルチェックをする必要があるかもしれません。でも、その小さな積み重ねが、あなたの評判と信頼の回復につながるのです。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。