ここから本文です

なぜ、ジャッジに時間をかけてはいけないか|村田和也監督 『正解するカド』

8/14(月) 12:20配信

Wedge

ジャッジに時間をかけてはいけない理由

――村田さんの作品を取材すると「成果物に対するジャッジが早い」という声をスタッフの方からよく耳にします。それは意識的に心掛けているのでしょうか? 

村田:はい。たとえば作品に登場するキャラクターのラフ画が上がってきて、それを見た瞬間に違和感があれば、その違和感をもとになるべく早く返事をします。

 なぜなら、見た瞬間の感想がいちばん鮮度が高いからです。お客さんは常に初見で作品を判断するわけですから、自分が見た瞬間に違和感があれば、お客さんも「それってなんか変じゃない?」と、同じように無意識的にでも何か感じるはずなんです。

 ところが時間を置くと見慣れてしまい、これはこれでよいかと思ってしまったりもするわけです。そうすると、お客さんの感覚から離れてしまう。それが、作品をつくるうえで一番怖いことです。


――返事に時間がかかることはないのでしょうか。

村田:それは、こちらのオーダーとぜんぜん違うものがあがってきた時ですね。

 ちゃんと説明したにもかかわらず、まったく違うものが上がってきた場合は、その人なりの考えがあるのかもしれないし、自分の伝え方が間違っていたのかもしれない。或いはそのアイデアに乗り換えたほうがおもしろくなるかもしれない、と考えることもあります。

 作品の根本に関わる部分でそういう迷いが生じた場合は、さすがに時間をかけて考えざるを得ません。逆に言えば、根本がしっかり決まっていることが、ディティールに対するジャッジを早くすることにも繋がるわけです。


――村田さんが、そういう自分なりの監督スタイルを確立したのはいつごろでしょうか?

村田:じつは、自分なりの監督スタイルってないと思ってるんです。自分の監督作は短い作品を除くと、制作中のものも含めて4タイトルありますが、すべて成り立ちや状況が違うんです。なので、企画の事情ごとに監督の身の置き方も変えざるを得なくて。自分としてはどこかでスタイルを確立したという意識はあまりないんです。

1/4ページ

最終更新:8/16(水) 18:25
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2017年8月号
7月20日発売

定価500円(税込)

■特集  世界を揺るがす中国の地政学
・「アジアの地中海」をめぐる攻防
・「一帯一路」は中国共産党の生命線
・地政学で読む中露の「おいしい」関係